愛しい日々 奏でる日々 hitomitk.exblog.jp

ピアノを弾き、歌っています。


by hitomi_tk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

セットリスト【2010.2.11 クロスロード】

<1st set>
1. All Of Me(Seymour Simons / Gerald Marks)
2. Close To You (Hal David / Burt Bacharach)
3. The Island (V.Martins / A.Bergman,M.Bergman / Ivan Lins)
4. Wives & Lovers (Hal David / Burt Bacharach)
5. What are you doing the rest of your life
            (Alan&Marilyn Bergman / Michel Legrand)
6. Mas Que Nada (Jorge Ben Jor)
7. On A Clear Day (Alan Jay lamer / burton Lane)

<2nd set>
1. Valentine's Day(James Taylor)
2. My Funny Valentine(Lorenz Hart / Richard Rodgers)
3. Scaborough Fair(Traditional)
4. Sophisticated Lady(Duke Ellington)
5. Cry Me A River (Arther Hamilton)
6. Foggy Day (Ira Gershwin / George Gershwin)
7. I Wish(Stevie Wonder)
8. The Very Thought Of You (Ray Noble)

好きな曲がいっぱい。もともと自分が好きだった曲、そして
岩田さんに歌ってみては?と言われて歌って好きになった曲、
そんな曲が少しずつ増えてきました。

ただ、好きな曲はどちらかというと静かでゆったりして暗い…
のようなタイプが多く、メニューもそうなりがちで。
やはり聞いていただいているには退屈、でしょうか。
たしかに食事だって薄味ばっかりじゃどうも…、ですよねぇ(笑)。
ちょっとピリッとしたものも欲しいし。
んー、またあれこれ取り組んでみようと思います。

「Mas Que Nada」は岩田さんがギターで弾き語り、でした。

「Valentine's Day」「My Funny Valentine」は、
もちろんヴァレンタインデーに向けて・・。
[PR]
Commented by モー at 2010-02-12 23:49 x
ジュリー・ロンドンが幽霊のように現れてCry Me A Riverを
歌うのは「女はそれを我慢できない」というコメディー映画です。
Julie London in THE GIRL CAN'T HELP ITで検索すると
youtubeで見れると思います(^^)
Commented by hitomi_tk at 2010-02-14 23:14
youtube見ました。
ジュリー・ロンドン、美しい人ですね。歌もとてもいい感じですし。
しかし…「女はそれを我慢できない」っておかしなタイトル(笑)。
”それ”って何のつもりなんだろう・・ってふと考えてしまいました(笑)。
Commented by モー at 2010-02-15 10:40 x
女はそれを我慢できないというのは歌のタイトルだったような?
ストーリーはほとんど記憶がありません。音楽映画ですね。
リトル・リチャードなど当時のロックンローラーが多数出ています。
ジュリー・ロンドンの出番は少なかったと記憶しています。
Commented by hitomi_tk at 2010-02-16 00:32
そうなんですか・・。何だかいい雰囲気ですね、あの時代。
しかし”リトル・リチャード”全然分かってません。。また調べてみようっと♪
ロック関係は本当に弱くて、トホホ、、です(笑)。
by hitomi_tk | 2010-02-12 16:38 | ライブの後に | Comments(4)