愛しい日々 奏でる日々 hitomitk.exblog.jp

ピアノを弾き、歌っています。


by hitomi_tk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

床を這う

c0097806_2294364.jpg

掃除機をかけた後、拭き掃除。
床を這うと見えなかったものがあれこれ見える。

大きな箱をロフトにあげるのにハシゴを上がる。
上から見る自分の部屋は、いつもと違う景色。

違う角度・違う流れの中で見れば、普段見えないものが異なる感覚で見える。
そんなこと誰だって頭では分かっているけれど、
実際にそうしてみると、うわっ…と思う。想像するのとは、大きな違いだ。

でも見えれば、どうするかを考え、決め、そのように処理してみる。そしてすっきり。

人のことだって、きっとある意味同じ。
違う角度・違う立場で見れば、まして床を這うように低く低く…
何かが違ってくるはず。・・と分かっていてもうまく行かないことも多いけど(笑)。
相手の状態、自分の状態、両者の持つ”気”の量。
一歩間違えば見たくないものを見る、すごく疲れる。すごいストレス。
床の拭き掃除とは違うんだ。
始める勇気、続けるエネルギー、やり遂げるには更に何かが要る。

そしてこの類の事は残念なことに、関わり続けなければならない人や近い人
であればあるほど難しい場合がある。
例えば親子、夫婦、なんかいい例だろう。もちろんそれまでの関係にもよるけれど…。

でも自分の家に住むかぎり家の掃除をするように、そういう人たちとの関係こそ
"考えて決めて処理してすっきり!”まで到達したいものだな〜。

実際には大変そうだけど(笑)。
始めたら引き返せないかもしれないし、辿り着く ”すっきり!”の場所は
自分の望まないところかもしれないし。

避けて通ることもできる。曖昧にしてそのまま行くのもできる。
でも人生は一度きりだ。 自分のも、その人のも。
きっと誰だって、大切な人とは風通しの良い関係を作りたい。

エネルギーを蓄えて・・来年はその人の床に座ってみますか?
[PR]
by hitomi_tk | 2010-12-29 11:28 | 日々のこと | Comments(0)