愛しい日々 奏でる日々 hitomitk.exblog.jp

ピアノを弾き、歌っています。


by hitomi_tk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

冬夕空

c0097806_22314059.jpg

昨夕五時過ぎ、きれいな夕空だった。

青の残る空から下の方へ、少しずつ薄紫、
そして淡い赤紫へのグラデーション。

冬枯れの枝の間には、ほの明るい空に白い月。
あと二日すると満月になる。

この季節の空も、凛として美しい。
毎年、心惹かれる。

今日も空を見上げよう。
[PR]
Commented by モー at 2011-01-18 13:37 x
いやー、きれいに撮れましたねぇ(^^)

田舎に帰って地元在住の友達と夜空をながめ
「すっごい星の数やなあ」
「星が少なくなったなあ」
と言ったのがほとんど同時でした。

どちらがどちらかはわかりますね(笑)
Commented by 灰猫 at 2011-01-18 15:52 x
冬枯れ
葉が落ちて
はじめて
その枝の形に気付く

装いや、地位で
人を見るのでなく
その人の心の芯を
いつも感じ取れる
自分でいたい

青葉になっても
その枝振りを
想像出来るように
今しっかり見ておこう

無関心からの
脱却
Commented by hitomi_tk at 2011-01-19 10:49
モーさん、ありがとうございます。
ふゆ〜〜〜って感じはちゃんと出てますかね(笑)。

”田舎へ帰ってお友達と夜空をながめ…”あ〜〜いいなぁ、
やっぱりモーさんの故郷のお話には、そんな事がいっぱいなんですね。素敵♪

で、上がモーさんで、下がお友達・・ですね(笑)
田舎にいるのと都会にいるのでは、普段見えているものがあまりに違うんでしょうね。
Commented by hitomi_tk at 2011-01-19 10:55
灰猫さん・・、たしかに
青葉になった時は、単純に青葉の茂った木をそのまま見て
冬の枝振りなど思い出したりしないものですね。

人もその内部にある核の部分、大事ですね。
人のその部分をまっすぐ見ることも、
そして何より自分のその部分に気付き大切にすることも…ですよね。
by hitomi_tk | 2011-01-18 13:21 | 日々のこと | Comments(4)