愛しい日々 奏でる日々 hitomitk.exblog.jp

ピアノを弾き、歌っています。


by hitomi_tk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

皆さまへ

すっかりご無沙汰してしまいました。お元気でお過ごしでしょうか。

前回の日付は…3月11日、震災の日の朝だったのですね。
2ヶ月近くも書けぬままでご心配くださった方もあり、ごめんなさい。

あれからの日々、目から耳から信じられないことが飛び込んできて
そこから離れられない時間が続きました。
皆さまもいろいろな事を思いながら過ごされていたでしょう。
私も思うこといっぱいでしたが、書く言葉を見つけ出せない日が続きました。
何を書いても違うような、そして誰かを傷つけてしまいそうな。
2ヶ月。長いような短いような時間が過ぎ、今更ではありますが
言葉を探しながら少しずつ書いていこうと思います。

少しだけ私の身の回りのことをご報告すれば、
妹家族が仙台に住んでいることもあり、その関係で姪がこちらに滞在したり
暫くは落ち着かない日々を過ごしました。
仙台の生活が落ち着いてきた後も、目につかないところでいろんな余波があるものです。
それは離れた場所にいる母や私のところにも流れ着き、いろんなことに影響します。
どこかまだ頭の芯に疲れ残っている感覚もあります。

ここを覗いてくださってる皆さまの中にも
まさかご自身が、またご家族ご親族、お友達など被災された方があるかもしれませんね。
そうでなくとも今回のことで元気がなくなってしまった方もあるかもしれません。
いろんな意味で今も辛い思いの中に居らっしゃる方があるかもしれません。
今になってではありますが、
痛みを負っていらっしゃる全ての方に心よりお見舞いを申し上げます。

日本の一部が大きなケガをしてしまいました。
この国を一つの身体と考えれば、その一部が大きな傷を負ったわけですから
その他の部分だって影響を受けて元気がなくなることは十分にありますね。
例えば、指先が痛いだけでもいい気分で過ごせない。
だから被災地から離れている我々が呆然としてしまったとしても
不思議はないことと思っています。

でも健全な部分までへたってしまうのは勿体ない。
我々の身体や脳も、弱ったところを他の部分が助けるように機能していくといいますね。
そうありたいです。
まだまだ長く続くのですから、自分でエネルギーを補給しながらちゃんと元気でいよう、
そう思って過ごしています。
そして助けになれる時はささっと動けるよう、知り考え過ごしていきたいものです。

しかし、こんなことを書いているこの瞬間にも辛い日々を過ごしている方々、
そしてそれは時間が経って更に過酷な状態かもしれず。
その方々のために働き続けている人々、その人をじっと待っている家族、
そしてそして・・・。現場ではまだまだいろんな問題が起きていて、
ここでいくら考えても想像もできないことがいっぱいあるでしょう。

それでも懸命に命を燃やし前へと歩いていらっしゃるご様子に、
そして直接、また間接的にであっても
救助復興のために力を尽くし続けてくださっている方々に
逆に力づけられてきたし、生きるということさえ教えられるのです。
すごい力です。ありがとうございます。

そして・・我々が日常普通に生きている間には、
世界中のいたるところで、小さくて目につかなくても悲しく酷いことが
いつだって起こっているであろうことも、忘れてはならないなぁと思ったりします。

これからも思いを刻んで毎日を生きて、出来ることをして、
精一杯前へ進んでいくしかありません。

今、全ての人々の思いはある意味共通していて、それは大きな願いとなっているでしょう。
その願いが良い形で叶いますように。
傷つき悲しんでいるすべての魂に一日も早く平安が訪れますように。

皆さんもどうかお元気でいてくださいね。
私も元気でいるように、もっと心がけます。

言葉を選びきれない文章を長々読んでくださってありがとう。
いつもここを訪れてくださってありがとう。

できればまた、少しずつ書いていこうと思います。
[PR]
by hitomi_tk | 2011-05-05 13:51 | 日々のこと