愛しい日々 奏でる日々 hitomitk.exblog.jp

ピアノを弾き、歌っています。


by hitomi_tk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

芍薬と牡丹

c0097806_12475047.jpg
先日ブログでお尋ねした”この花は?”のその後です。
4月半ば、蕾は開いておりました。

この花に関して、何件かメールやコメントをいただきました。
ありがとうございました。
実は「芍薬」と「牡丹」に分かれておりまして・・。

これは何とかはっきりさせなくては、と調べましたが、
「芍薬」もボタン科ボタン属であり、「牡丹」の品種は300種類にもなるとか。
非常に似ていて、花だけではどちらとも分からないということが判明。

「芍薬」と「牡丹」の違いは、茎と葉にあるようです。
つまり、「芍薬」は草なので、まっぐな茎の先に花。
「牡丹」は木なので、枝分かれして横に張り出している茎の先に花。
葉に関しては、「芍薬」は、ほとんど葉先が割れていない。
「牡丹」は切れ込みがある。

・・で、昨日雨の降る中(換気扇掃除の後)確かめに行ってまいりました!
根元は細い木のように思えますが、花のついている茎は木には見えず草っぽい。
その茎は真っ直ぐと言えば、まっすぐに思え、
茎の根元で枝分かれしていると言えば、枝分かれしている。
葉もほとんどが細長い、しかし幾つかは葉先に切れ込みがある。

もう全然分かりません。。

ただ、冬になると、
「芍薬」は草なので、根っこだけが地中に残り、地表のものは枯れてしまう。
「牡丹」は木なので、葉が落ちて、そのまま木が残って冬を越す。

・・ということで、気になるけれど冬までお預けになりそうです。
皆さまがとっくにお忘れになった頃、
もう一度書いてみようかと思っております・・。
お騒がせいたしました。
[PR]
by hitomi_tk | 2007-04-23 18:16 | 日々のこと | Comments(0)