愛しい日々 奏でる日々 hitomitk.exblog.jp

ピアノを弾き、歌っています。


by hitomi_tk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

秋のパレット

c0097806_23423761.jpg
c0097806_2343443.jpg

一週間ほど前。

いつもの散歩道に入るまでに、通り抜けてゆく公園の木々。

ほんとに・・、なんという色でしょう。

思わず見上げて写してしまいました。
[PR]
Commented by 灰猫 at 2007-12-10 09:43 x
ほんと、¨美味しい色合い¨とでも言うしかないですねぇ。
ちょっとしたhitomiさんblogからの木漏れ日話です。
マーリオ・リゴーニ・ステルン、「雪の中の軍曹」の著者が身近な木々について語った一冊 『野生の樹木園』。  
マツ、モミ、セコイア、ブナ、ボダイジュ、トリネコ、ナナカマド、クリ、オーク、 オリーブ、ヤナギ、クルミ、ポプラ、リンゴ、カエデ、クワ、サクラ、カラマツ、至極馴染みの深い、よく知った木々達。それら一本一本の植生・生態、まつわる物語、信仰・神話について、簡潔素朴にやや文学的に語った一冊です。
一般的には「非常に退屈」な部類に属する本ですが、窓辺で一日中裏山の木々を見ていて飽きないような人はハッとする言葉に出会えるかもしれません。
パレットを広げながら木々たちは「生と死を同時に体現している」とか、「最も身近なものについて、あなたは何を語れますか?」とか、・・・。
Commented by あゆこ at 2007-12-10 21:10 x
ほんとにキレイだったね~!私も秋のパレットに身をうずめて、とても気持ちいいひとときをいただきました☆
Commented by hitomi_tk at 2007-12-11 23:09
あゆちゃ〜ん、先日はリハーサルから本番まで
何もかもお世話になりました。ありがとう!

昨日、私もね、あゆちゃんのいた木の下に行ってみました。
で、葉っぱいっぱい拾ってきたの。
帰ってすぐ押し葉にしたけど、すでに今日は色が変わり初めています。
色が変わって枯れた感じなのも、深みが出てなかなか綺麗です!
Commented by hitomi_tk at 2007-12-12 00:10
灰猫さん
マーリオ・リゴーニ・ステルン氏、存じ上げませんでしたが
『野生の樹木園』、是非読んでみたいです。
(『雪の中の軍曹』も気になっております。)
そして、簡潔素朴にやや文学的に語った、といったあたりにも惹かれます。
私も何かに出会えるでしょうか。

「生と死」これについて書き始めると大変なことになりますので、
ここでは控えておきます(笑)。(と言いますか、実は少し書いてしまって
とんでもなくなって消しました(笑))

それと「最も身近なもの」、これも簡単なようで難しいですね。
身近にあるものこそ「見ているようで見ていない、それは目に映っているだけ」
ということも多いですものね。
私も、何度かハッとさせられ機会があって愕然とした覚えがあります。

こうして書いていて、ふと思いますが、実は・・
「生と死」「最も身近なもの」この二つが、もしクリアに認識できてたら・・、
生きる方向性や暮らし方の答は、ごく自然に浮き彫りになってくる・・
あ、またこれも変な話になりましたが、
灰猫さんは、こういうことを大事にして過ごしていらっしゃるのだろうなぁ、
と思いながら、お顔思い浮かべたりしています(笑)。
Commented by あゆこ at 2007-12-12 02:29 x
ほんとにキレイでした~!空の青も地面の赤や黄色の絨毯も。
私も日記に載せよっと♪
あの日、たっぷり拾った葉っぱたちは翌日にはすっかり色あせてしわしわになってしまいました。
でもまだウチの台所を明るく色づけてくれてますよ~☆

そうそう、余談ですが今日は千里阪急ホテルでディナーショーだったよ。
すぐ近くの「山葵」てちゃんこ屋さんで打ち上げしたけど、サイコーでした!知ってるかな?
また一緒に行こうね~☆
Commented by 灰猫 at 2007-12-12 13:04 x
私の小漏れ話は頭の中に派生することを反射的に言葉にしているだけなので、不正確極まりないし、イメージ先行なんで、頭の隅にでも残しておいて図書館か本屋さんなんかで見かけたら、ページでもめくって挨拶してやって下さい。
(してやって・・・?!?と言っても、、決してこの本と怪しい関係にはございませんので念のため(笑))
¨暮し向き¨、まさに今の私にとってのキーワードです。
さすがカウンセラー竹内!!!\^。^/

あゆさん! なんて気取らない優しい方なんでしょう☆☆☆
Commented by hitomi_tk at 2007-12-14 00:32
あゆちゃん、近くまで来ていたのね〜!お疲れさまでした。
とは言え、今日もまたどこかで、演奏していたのかな・・。

葉っぱ、私のも黄色が茶色に。赤はくすんできたけど頑張ってくれてます!

で、「山葵」知らない知らない!そんな美味しかったんだ〜。
是非是非一緒に行きましょう!
一番食べたそうな人(たしか鍋好きだったような気が…)を誘ったらりしたら
トンネル抜けて飛んできそうだよね・・(笑)。いやいや内緒でいくか・・・。
Commented by hitomi_tk at 2007-12-14 00:38
灰猫さん、頭の中に派生することを・・と仰いますが、
頭の中で毎日旅をしているみたいですよね。
そんなふうだと毎日が豊かで楽しそう、いいなぁ〜(笑)。

そして、市内の中央図書館にて発見しました!
近所の図書館にはなかったので、そちらより取り寄せております。
Commented by xou at 2007-12-14 00:56 x
内緒って・・・
なにそれ。ひどい扱いやな(笑)。

それより中央図書館の本探すのってネットとかですか?
もしそうなら便利そうですね。
止々呂美には図書館が無いから辛い。
Commented by 灰猫 at 2007-12-14 15:23 x
ほんと、本、期待しないでみてくださいね***
西欧文化・歴史・宗教に疎い私たちには、自然崇拝的な心境が身体に染み付いている私たちには、筆者の意図が掴みづらいことは間違いないんで・・・。
そんな行動起こされるとは思いもよらなかったので、ついつい無責任に・・・。
でも、影響し合えるってな~んか嬉しいですぅ(*。*)
空振りもあるけど、偶然から派生するものを編み上げていくってこと、人生を面白くする上では欠かせないですね♪
Commented by hitomi_tk at 2007-12-14 18:46
あはは、xouさん。
いやいや、トンネルの向こうにね、鍋好きの友人がいるんですよ(笑)。
あれ?xouさんも鍋好きでしたっけ〜?!って、わざとらしい竹内(笑)。

本探すのは、そうですネットです。
取り寄せておいて、学校帰りに我が家の近くの図書館に寄り受けとる・・。
このパターンでいかがですか?
Commented by hitomi_tk at 2007-12-14 18:50
灰猫さん!今、私の目の前に本があります!
すみません、こんな行動に出てしまって(笑)。でもちょっと興奮気味です。
図書館で借りたこの本は、誰も読んでないのでは…というくらい綺麗です(笑)。
まず、表紙と最初のお話が「からまつ」っていうのが嬉しいのです。
9月のブログに長々と載せました”東の森”は「からまつ」の多い森なんです。
ほんの少しだけパラパラとページをめくりましたが、無駄なくそして美しく…
心惹かれていくであろう予感がしています。
楽しみながら、ゆっくりと読み進めることにいたします。

偶然から派生するもを編み上げて・・、私の人生など殆どそればかり。
でも振り返れば、すべてが必然としてそこに用意されたようなものばかりで
自分に全てが与えられ、動かされ運ばれていることに畏敬の念さえ感じます。
本当にありがとうございました!
Commented by xou at 2007-12-15 00:58 x
うう、鍋くいてーェェ。

今調べたら、箕面市の図書館って蔵書の検索公開してたんですね。知らなかった(笑)。本を紡ぐ会の人たちに怒られそう。

で、その本の話・・・・
Commented by hitomi_tk at 2007-12-15 17:36
で、その本の話・・・・
って、その本の話を書けってことですか?
Commented by xou at 2007-12-16 02:04 x
いやいや、つまらない話で割り込んでいたので。灰猫さんとの話に戻してもらおうと思って・・
Commented by 灰猫 at 2007-12-16 07:21 x
もう~っ!
xouさんは、食べることに関しては駄々っ子なんだからぁ~(笑)
しっかりお腹見て、持ちすぎてはいけないモノと向き合わなければ・・・(笑)。
トンネルを抜ければ・・・近くでいいなぁ!うらやましい~。

本の話は、愛と平和を切実に希求する作者の気持ち一杯でしたということで、灰猫が一旦締めておきますネ。

hitomiさんのもとに届く話に、つまるもつまらないもない・・・xouさんいつもそう言ってるじゃないですかぁ!

xouさんが一言発すると,やわらかい心の花の香りがいつもふぁーって漂ってきますよぅ☆
Commented by xou at 2007-12-17 00:36 x
え、うっそー。そうなんすか??
クンクン。

はは、冗談はさておき。hitomiさんのもとに届く話。灰猫さんのおっしゃる通りですね。一見つまらなさそうでも彼女はなにか見つけるんですね。
なんかそれはほんと羨ましい限りです。
Commented by 灰猫 at 2007-12-17 05:50 x
それ!それ!それをほんとに感じますよねぇ~!
hitomiさんはどんな表現からでも、゛ひょっとしたら誤解招くかなぁ・・゛って不安に思っていても、ノイズフィルター掛けたように見事に言いたい事、真意を見つけ、捕まえてくれますよね。
だから安心して何でも言えてしまう。こんな会話空間、何処を探してもないですよねぇ。ありがたいことです。
hitomiさんも大変なんでしょうけど、無関心でいられない=愛に溢れるhitomiさんの心が自然とそうさせるのでしょうね。
私にとって、カウンセラー竹内なる所以です・・・\^。^/
Commented by hitomi_tk at 2007-12-18 00:05
あーー、お二人の話、すごいことになってます。。

xouさん!私つまらない話から何も見つけられませんって。。
仮に見つけたとして、ですよ、逆に大事な話をそのまま通過〜、
ってなっている可能性大です。

灰猫さん、あのぉ、わたくし・・
仰ることを正しく受け止められているか、的外れなことをお返ししてないか、
まったく確信なく。また難しいお話も理解できず、語彙理解もあやふやで、
けっこう心配なのですが。
それをまぁそのように思ってくださるなんて、私にしてみれば
灰猫さんやxouさんのほうが、よほど愛に溢れているわけでして。

これからやたらトンチンカンなこと書いてたらどうしましょう・・。
どうか笑って許してやってください。
そして見捨てず時には遊びにいらして、素敵な世界を見せてくださいね♪

それと人の話を聞くためのノイズフィルター、あったら是非欲しいです(笑)!
Commented by 灰猫 at 2007-12-18 14:09 x
さすがのhitomiさんも、演奏しながら聴衆側にまわれないし、自分の書いていることが他人にどれだけ力を与えているかは、分からんでしょう。
ここは、素直に第三者の声にそのまま耳を傾けておかれまっしょい!
心許した人から,信頼した人から示されるトンチンカンはありがたいアドバイスとなり、ジョークとなって届くものなんですよ。どんどん連発してください。もちろん笑って突っ込みまくりますけどね・・・!
押しかけファンの辞書に「見捨てる」なんて言葉はないんですねぇ、ハイ。

ああ、ノイズフィルター欲しいですか?
現在「先入観・偏見除去装置」として(猫仲間では゛ハイパス・ロウパスフィルター゛とよんでいますが)一部開発中ですので、完成の暁には丁寧にラッピングしてお届けしますね☆おたのしみに!

Commented by 灰猫 at 2007-12-19 16:16 x
産業機密ですが、Neco. Co.の開発状況の一端を・・・。
プロトタイプ1号機
視覚障害者の方々向けに物語の朗読をされるボランティアがおられるわけですが、朗読には技術と経験が必要で、なかなかその人数は増えません。(関心ある方は音声図書館とかEYEマーク本とかを!)
技術というのは大きくは、①聴き手が想像力を展開できる適切な朗読スピードの維持と②読み手の感情や考え方を前面に出さず、ストーリーのみずみずしさを損なわないディクションの2つですが、②のバランスは非常に微妙なアナログの世界です。先入観・偏見は元より、大方の感情移入も避けなければなりません。
ノイズフィルター・プロトタイプ1号機は、この読み手の言葉の扱いをMIDI的に処理しようとしたものですが、あまりにも情報量が多く見事に失敗に終わっています。あまりにも、呆気なく***。なにせ、Neco. Co. は灰猫の脳みその片隅だけに立地する工場ですから・・・。しかし、世の中には素晴らしい読み手がおられるものですよ~!
2号機以降は御関心があれば逐次ということで・・・。
Commented by hitomi_tk at 2007-12-19 19:02
灰猫さん
ありがとうございます。
はい♪素直に伺っておくことにいたします(笑)。
しかし、xouさんとは頻繁にお会いになるんですか?

さてノイズフィルター・・。
私の知人にも、視覚障害者の方々向けに朗読をされるボランティアしてる方が
ありましたが、たしかにあれは大変難しいようですね。
想像するに、速くても遅くても聴き手はついていけませんし、音だけで想像力を
喚起するには、ある程度の抑揚は必要でも余計な感情表現は邪魔になりますよね。
そこが、②のバランスは非常に微妙な・・ということかなぁ…と
勝手に想像したりしています。
で、それをMIDIで処理・・。なんと難しいことを!
でも、灰猫さんの頭の中の工場、すごく楽しそうです♪
こんなお話をしていたら、一晩などあっという間に過ぎていきそうですね(笑)。
2号機以降も是非またお話を・・!
Commented by 灰猫 at 2007-12-20 14:43 x
xouさんとはジャズ系のライブで1/月ぐらいですかねえ。
いつも、「シリアスな楽曲もxouさん入ると何かほんわかしちゃいますね!」って冷やかしてます。竹田達彦さん(Dr.)とやられるラテンは絶品ですよぅ・・・必聴!

当然、頭の中で失敗に終わる物語ですが、では、折々に2号機以降の話も!・・・おわかりでしょうが派生した妄想なもんで!
でも、書き出すとたいてい文字数制限にひっかかるまで止まらないんですよね***。
簡潔にまとめる訓練しないと・・・!
Commented by hitomi_tk at 2007-12-22 01:35
9月でしたか・・、竹田達彦さん(Dr.)とのプレイ拝見しました。
彼とのラテン、xouさんは本当に気持ち良いようですね。
またいつかゆっくりと、と思っております♪

頭の中での物語、楽しみにしています!
灰猫さんのお話は、簡潔ですよね。
必要なことを分かりやすく書いていらっしゃるわけで、
ただそれ以上は端折れない、ということですもの(笑)。
Commented by 灰猫 at 2007-12-22 17:41 x
で、hitomiさん一緒にセッションしてしまったりして♬♪♬♪ ・・・ヘヘェ!

あっ、そうそう、xouさん中本マリさんのバック務めたこともあるんですよぅ☆
Commented by hitomi_tk at 2007-12-24 12:12
あ…わたくし、悲しいことにそこまでの力量がないんです。
ジャズは難しくて全然ついていけそうもありません。。

中本マリさん、随分昔ですがよく聴いてたアルバムがありました。
ライブでは聴いたことないんですけれど。
灰猫さんはxouさんとのライブをお聴きになったんですか?
Commented by 灰猫 at 2007-12-25 09:44 x
でも、9月に非公開、合奏してたりして・・・!?

Nature boy とか I write the song 入ってました?

聴いたことないんですけど、コモン・カフェ、ライブでBirthDayの方からみの中本マリさん話に、xouさん反応してましたもので、確認するとやってました。やはり!
でも、自慢げに言わない奥ゆかしさ、ん~ん、xouさんらしい!
Commented by 灰猫 at 2007-12-25 10:21 x
ついでに、2号機モデル話です。
もうすぐ新年ですが、Neco. Co.では2号機を「お正月モデル」と呼んでいます。
「お正月」が、何か違う自分に引き合わせてくれる節目に思えたのは、けっして、「お正月」に向き合う一人一人の気持ちの問題だけではなく、
かつては街の機能が停止し、脳が曝露される環境、雰囲気、情報群が明らかに変質する特別な時間として「お正月」があったからだと思えます。
特定の感情だけを狙い、方向を揃えて繰り出される都会の情報群・・・先入観の贈物。
従来は都市の機能停止と共にそれらの偏った刺激から脳は解き放たれ、五感を広く覆う背景に隠れていた『自然』の豊富な情報群に脳を浸すことができました。
脳を¨手入れ¨できる節目の数日間に、日常の中に物事を結論づけることばかりを面白がる脳から、非日常の聞こえない声と会話できる脳を取り戻しておかないと、社会の関係性を¨手入れ¨する能力をどんどん失っていくのでは・・・。
お正月の開放脳を上書き保存するスキャナーシステム、それが2号機モデルでしたが、
「三が日のバーゲンなんかに誰が行くものか!」と息巻いていた昨年の私の手には☆福袋☆・・・ああぁ!開発断念↓↓
Commented by hitomi_tk at 2007-12-27 01:07
灰猫さん
そうそう、実はその9月のライブの日、
観にいったはずの私は、途中にクロスロードのステージに引っ張り出され、
3人で・・・。緊張のあまり、私はボロボロになりました。。

Nature boy とI write the song・・どちらも分かりません。情けない。。
今度、xouさんに聞いてみます。
Commented by xou at 2007-12-27 02:21 x
あの日は一生忘れない日になりそうです(笑)。
あの、ひとみさんの焦った顔。本当に申し訳なかったです。
でもね、さすがだと思いました。突然呼び出して緊張してたのに竹内ックの世界でしたもんね。

ところで、「I write the song」なんですか。「I write the book」ではなくて??
Commented by 灰猫 at 2007-12-27 03:13 x
正確にはsongsでしたね。
I write the songs that make the whole world sing
I write the songs of love and special things
I write the songs that make the young girls cry
I write the songs,I write the songs
このリフレーン、思い出しました?B.ジョンストンの作。
ジャズシンガーの歌う曲でないのをマリさん歌ってて、印象に残ってただけです。お気になさらず・・・お騒がせです***。
Commented by xou at 2007-12-27 03:24 x
失礼しました。
I Could Write a Book
と、勘違いしてました。
いつもいつも勘違いで申し訳ないです。
Commented by 灰猫 at 2007-12-27 10:04 x
よく言いますよ!
確信犯のおとぼけが殆どじゃないですかぁ!

I Could Write a Bookはいろんな人がカバーしてますからね。(元々ミュージカルだから1曲取り出すと??です。)
Nature boy もジャズシーンで多くの人がカバーしてますが、私ロレツ・アレキサンドリアが唄ったの大好きなんです。マリさんもよく唄ってました。
この曲の作者エデン・アーベって興味深い人ですよ・・・!。
Commented by hitomi_tk at 2007-12-27 19:01
灰猫さん
ちょっと前のコメントに戻りますが・・
いやいや、「お正月」って何か空気が変わりますよね。
たしかに気持ちだけの問題ではありませんね、あの特別な数日、時間・・。
xouさんは以前お正月の電線のことを言ってましたが。
あ、電線談義もなさったんですよね(笑)。

日常の中に物事を結論づけることを面白がる脳、ですか・・。
やはり私も無意識にやっているんでしょうか。

そして・・灰猫さんに2号機開発を断念させた「福袋」の魅力♪ですが、
どんなものでしょう。やはりワクワクと楽しいものですか(笑)。
福袋を買ったことのない竹内でした。。
Commented by hitomi_tk at 2007-12-27 19:04
はーー、曲の話、ちゃーんとお二人には通じてる。
相変わらず私は分からず…ですが、検索でもして聴いてみようと思います♪
でも歌う人によって、まるっきり違う曲になってしまうんでしょうね・・。
Commented by 灰猫 at 2007-12-28 00:36 x
「福袋」、レコード買ってきて針を落とす瞬間のドキドキ感に一歩及ばないワクワク感といったところでしょうか。(針って?って?好きなんです今でも)
でも、最近の「福袋」、中身の分かるの結構多くて失望です。

アレンジも大きいですが、たしかに歌い手によって変わってしまう世界ですね。
Commented by hitomi_tk at 2007-12-29 00:25
針って?って・・。
レコード、私も好きです。
しばらく聴けなかったんですが、先日ちゃんと聴ける環境を整えました。
落ちついて楽しんでみようと思っているところです♪

中身の分かる福袋・・。安心料といったところでしょうか(笑)。

そうです、アレンジ!それも大きいですよね。
考えてみれば、私も殆どそれで決まってしまうようなところがあります。
まるで違う曲になってしまいますものね。
Commented by 灰猫 at 2008-01-03 01:36 x
そして新年も三が日目に入りました。
ーおめでとうございますー
を、ここに置かせて頂きます。
昨年は、私の中に眠っていたもの達に柔らかな光をあてて頂きました。
感謝に耐えません。
生れ落ちた、さらっぴんの日々を、
眠りから覚めたもの達も大切に歩んで行くと思います。

hitomiさんも
送り出したいものと、求められるもの、
表現者と、生活人、
想いと、現、
のようなものに向かい合うことが増えるのかもしれませんが、
無理せず、持続する一歩一歩をつなげていって下さいね。

よい年にしたいと思います。
よい年になりますように。
Commented by 灰猫 at 2008-01-03 22:18 x
ノイズフィルター3号機
一見「静」を象徴する代表的行為と捉えられがちな「座禅」ですが、これは、至極「動的」な心の動きに向き合うものだと思われます。
落ち着かず噴出してくる、雑念・煩悩をかき混ぜ、ぶつけ合い、芋の子を洗うようにこびりついた土を落とし、角を取り、色眼鏡を外させることで、
肩肘張らない無心の心・先入観を払拭した丸い心を取り戻す作業だと思われます。
ならば、日常生活の中で心をかき混ぜシェイクして、角を取り土を落とす作業はできないものでしょうか。
人の言葉を聞く前に、心を脳を攪拌しておく装置として3号機「禅モデル」の開発は始まりました。
一種のクイズゲーム機として、「禅問答」を幾種類かこなした後に、会話に臨むというものです。
プロトタイプが出来、試してみましたが・・・結果は御想像の通りであります。
そう、1問目から先に進まないのです。会話には移れません***。
頑なに硬くなってしまった今の心には、あまりにも無力なのでありました。
***断念↓↓。
Commented by hitomi_tk at 2008-01-04 23:46
灰猫さん
新年のお祝いに素敵なお言葉をお贈りくださり、こちらこそ感謝です。
わたくしは不器用で鈍くて我が儘な者ですから、見てくださる方に
ヤキモキもさせてしまうかもしれませんが、どうかお許しくださいませ。
でも「無理せず、持続する一歩一歩をつなげる」簡単なようでなかなか難しい、
この大事なことを心に留めて、歩いてまいります。
ありがとうございます。

灰猫さんに、良い一年でありますように。
そして、その中で少しでも良い時間を共有させていただけますように。
Commented by hitomi_tk at 2008-01-05 00:14
3号機!、なんとおもしろい!
座禅から日常へ・・まずここの発想が。私など考えもしません。
まずシェイクした時点で混乱。。角を取る余裕などナシ!です(笑)。
それに、「禅問答」を幾種類かこなした後に会話に臨む・・
あはは、こんなこと、、。難しすぎてここで寝込みます。。
それに、頑なに硬くなってしまった心って。。
それだけ頭が柔軟なのにですかーー(笑)?!もうっ、灰猫さんったら(笑)!
by hitomi_tk | 2007-12-09 23:46 | 日々のこと | Comments(41)