愛しい日々 奏でる日々 hitomitk.exblog.jp

ピアノを弾き、歌っています。


by hitomi_tk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

いろんな音が・・

本日のスローハンドライブ、
22日のラジオの生放送、
23日のハックルベリーライブ、
そのあとはレッスンに、仁晶のリハーサルリハーサル、
そして、5月1日東京ライブのリハーサル、本番・・

岩田さんから送られてくる曲、
新しく自分の頭の中に鳴りはじめる曲、
できかけの気になってる曲、メロディーにのせる言葉・・

いろんな場面でのいろんな音が、今、頭の中に充満しています。
毎日どれだけの時間、音と向き合っていることでしょう。
何曲練習していることでしょう。
それでも、全然足りないんですけれど。。

弾いては考え、歌っては考え、書いては考え、
それをまたくり返す日々・・。
これはやはり幸せなことでしょうね。
しかし体力のいること、お腹の空くこと、良く食べること。。
また順調に体重増加中でしょうな。。

先ずは本日、春の歌を♪
スローハンドで、お待ち申し上げております!
[PR]
Commented by /( =^ェ^=)ヽ at 2008-04-20 18:50 x
ん? 23日のハックルベリーライブの告知が無さそうな・・・。
Commented by omuyan at 2008-04-21 02:14 x
君が胸に 
抱かれないからこそ
髪に飾れず 接吻できない からこその
昭和15年という時代に生まれた歌だそうですよ。
二人を隔てる戦争
生きては帰れず 遥かな想いだけ交わした恋人たち
それゆえに その戦争を憎み 
為政者の言いなりにならなかった 服部良一さん
売れっ子の彼にはずいぶん軍部からも発揚のための曲を作るよう
激しい圧力がかけられたそうですが
なびかず、そんななかで発表されたのですから
反戦歌 平和をこいねがう歌 と捉えるべきでしょう。

中国でも表面的にしか知らない方々はいざ知らず
きちんと理解している人は
日本のジョン・レノンとして位置づけされたるしているそうです。

厳しい状況の中であるからこそ 純化される恋愛
隔てる距離があるからこその 信頼
確かに現在では・・・

slow hand の並びもすごかったですが、
テハンノ のラインナップも
屋台でたこ焼き・イカ焼き→新世界で串カツ・土手鍋→
緑の草原でピクニック という感じで、井波さんも大変そうでしたよ。

ぜひ、竹内さんに聴いていただきたくて
Commented by omuyan at 2008-04-21 12:41 x
尻切れトンボでしたね?
「聴いていただきたくて」 押し付けてしまいました。
おそらく、陽子さんはちゃんと持ってきてくれていたのでは?
声を大にして宣伝したいところですが、
ご本人はそのつもりはないとのこと、
すべて手造りのしかも「シリアルナンバー入り」!
こっそりしっかり聴きましょ

それにしても「完全犯罪」だの「変装」だの
「分別(のある大人)」と「(ゴミの)分別」だの
いろいろタイヘンそうです。
竹内っクな世界に浸ってリフレッシュできたと思うのですが
時々声も聞かせてあげてください。

それと
9月ヴァージョン なくても自分は平気です。
「ほかの9月生まれの方」が悲しいかな、と思うだけだ
いろんなヴァージョン聞かせていただけるだけだ
人生丸儲け と感じています、ので。
by hitomi_tk | 2008-04-20 13:00 | 日々のこと | Comments(3)