愛しい日々 奏でる日々 hitomitk.exblog.jp

ピアノを弾き、歌っています。


by hitomi_tk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:日々のこと( 453 )

今年もちゃんと…

c0097806_16214555.jpg
昨年の夏のあまりの暑さに、姿を消してしまった庭のクローバー。

あーもうダメなのかなぁと残念に思っていたら…
ちゃんと根が生きていてくれた。
春先に小さな葉っぱが出始め、少しずつ大きくなってくれている。

まだまだ小さいクローバーの株の中、
まさか…まだないよねぇ…、と思って覗いてみると
あったー!
四ツ葉のクローバー発見!

まだ広がりは少ないが、元気に育ってひろがってくれるといいな。
私の水やりと、雑草抜きにかかっているのかもしれない…

実は我が家の庭…、ただいま雑草が育ってます。。
おかげで、小さなかわいい花が見つかって楽しいのだけれど(笑)
いいかげん、そろそろ何とかしないと…です。

暑くなってくると、いろーんなこと、
サッパリしたいですね。

皆様、どうぞお元気で良い日々を!




[PR]
by hitomi_tk | 2017-05-25 16:26 | 日々のこと | Comments(2)
c0097806_17382595.jpg
ずっと昔、大学に入って間もないゴールデンウィーク。

通っていた学校は田舎の山の上にあって、敷地の中に池やら森やら芝生の丘やら…
最寄り駅までのバスは一時間に一本もなかった。
住所には「大字」「字」が並ぶ、そんな辺鄙なところ。

学校の門を入ってから、学部の建物や講義棟まで続く長い坂道は
車で走ってもそれなりの距離があり、
その道沿いには、延々ツツジの木が続く。

そして、その坂道の中程こんもり繁る樹々の中に、
私が学生生活の半分近くを過ごした、女子寮があった。

ゴールデンウィークにはみんな遊びに行ったり実家に帰ったり。
寮に残る人は僅か。私もその中の一人。
ガラガラの女子寮は、どこかひんやりと静かで、ちょっと魅力的だった。

お金もなくて、行くところもない、そして何よりやるべき課題がいっぱいだった私は、
連休中も毎日学校へ。

誰もいない満開のツツジの坂道を、
甘い匂いを嗅ぎながら、ミツバチと話しながら歩く。
暖かい日射しと澄んだ空気。

記憶の中にそのすべてがセットになっていて、ツツジを見ると思い出す。

山の中の静かな長閑な連休の日々、五月の光、満開のツツジの坂道…
そしてその頃もやっぱり不器用で、
みんなに何とか付いていこうと一生懸命だった自分…
すべてを思い出す。

今でも、私の頭の中のゴールデンウィークは静かな日々…


今年は、ライブの準備と本番と、Facebook騒ぎで(始めたので、、)過ぎていったけれど、
心の中には、ツツジの風景とともに静かで暖かな休日の風も吹いて、
その上に、お会いした方々、ここでそっと見てくださる皆さんに頂いた温もりも加わり
さらに幸せなゴールデンウィークとなりました。

ありがとうございました^^




[PR]
by hitomi_tk | 2017-05-10 17:45 | 日々のこと | Comments(0)

雨の中でただ一人

桜は満開。
そして雨降り。

延々と桜並木の続くその中で、たった一人。

日頃から人の多い場所ではないとしても、
満開、土曜日の午後、となればそうはいかない。
しかし雨のせいか人もなく…

桜は美しかった。
悲しいほど美しかった。

青空の下で見る桜、大勢で見る桜、友人と見る桜、家族と見る桜、二人で見る桜…
それぞれの時に、それぞれの人の心に、それぞれの良さがあるだろうけれど。

一人雨の中で桜に出会い、もらったもの、問われたもの…
私は今まで桜の何を見ていたのだろう、
何も、感じ気付いてはいなかったのかもしれぬ…と思うほどに
美しかった。

何も思わず、ただただ一人桜と向き合う。
近くには満開のユキヤナギ。

明日にはお天気になるだろう。心も違う、もうあの桜とは違う。

雨の中で、ただただ静かに佇む。
木も花も私も。

最高の時。




[PR]
by hitomi_tk | 2017-04-08 16:41 | 日々のこと | Comments(0)
なんとなく、というか・・
「見せてくれーって言っても、絶対見せてくれないよねーー」
と、最近言ってた人が居たのを思い出して、
30年近く前の、自分の演奏映像をチェック。

…と、ここまでの話、ちょっとわかりにくかったですよね(笑)

で、なんというか・・
まぁ音楽に関しての評価はさておいて
あー、指も身体も軽い。
今と比べたら、断然かるく動いています。
頭も耳も活性化してる感じ。

ふーん、こんな感じだったのか。若い…と思いました。
でもずーっと同じように弾いてたら
今もそんなふうに、イヤ、もっと動いてるよね。

私の周りにいる、ずっと現役で、今も日々演奏を重ねている
ミュージシャンの方々のことを思うのでした。

続けるってことの、積み重ねることの、
凄さ、素晴らしさ。
まさしく継続は力なり。

さーーー、どうする。





[PR]
by hitomi_tk | 2017-03-26 19:47 | 日々のこと | Comments(4)

いろいろ咲いています

c0097806_22301093.jpg
関西では、あと一週間もすると桜が咲き始めそう。
遠くから見る枝は、赤く色付いている。

ということで…
桜が咲く前に、少し前の梅を一枚!

木蓮も咲き始めている。
ハクモクレンの香りは、
ふわっと微かに甘いフローラルな香りと、柑橘系?の爽やかな香りの混じった
なんとも言えず上品で華やかな香りだった。

レンギョウ、ユキヤナギも咲いているかなぁ。
お天気のいい午後に、咲いていそうな公園に出かけてみよう。

明日の朝はまた冷え込みそう。
皆様、どうぞお気をつけて。





[PR]
by hitomi_tk | 2017-03-24 22:39 | 日々のこと | Comments(2)

春に浮かんでみたい…

c0097806_19345531.jpg
ちょっと遡るけれど、
3月上旬頃の夕暮れどき。

ちょっと広〜いところに行きたくて、
珈琲をポットに入れて出かけティータイムして
ぐる〜〜〜っと散歩してたら…

なんだか雲が可愛くて、一枚。

このとき、17時40分ころ。

日が長くなりましたね。暖かくもなりました。
今日は春分の日ですものね。

とは言え、明日こちらは雨で、気温も上がらないみたいです。
東の方も…かな。

どうぞ気をつけてお過ごしくださいね。






[PR]
by hitomi_tk | 2017-03-20 18:41 | 日々のこと | Comments(0)

季節なのに…

ミモザの季節。

我が家の近くに、かなり大きなミモザの木があって、
毎年楽しんでいたのです。

先日、そろそろだよね♡と思って見ると、
なんと忽然と姿を消していて…
えーーーー!!!と何度も見てしまった。

何度見ても、無いものは無いのに、
以前の光景を探してしまうものですね。

結局、ミモザは枯れてしまったみたい。
根っこだけが残っていたけれど、中が空洞に。

あるはずのものがない、この不自然な感じ。
結構なショック。
淋しいです。

お花屋さんにも売っているだろうけれど、
でも、あの樹にふさふさと咲き輝く様は違うのです。
春の明るい陽の光を浴びて、とても美しい。

ミモザの木に会いたい。







[PR]
by hitomi_tk | 2017-03-19 19:48 | 日々のこと | Comments(0)
音楽は、私にとって とても大切なものなので
いつも情熱を持って接してきました。

穏やかな音を奏でていると、とても自由な気持ちになります。

音楽は私にとって人生そのものです。

*******

あーーー、こんなふうに
何のためらいもなく、静かに堂々と言えたらどんな気持ちだろう。
自然に、心からの喜びに満ちて、胸をはって。


ふとテレビをつけたら、番組のラスト一瞬のことだけれど、
ヴェネツィアの漁師さんが豊かなアドリア海のことをそう言っていた。
素晴らしいところなんだろうなぁ。

そんなことより・・

何でもいい。
対象は人でも、仕事でも、モノでも。
何かに対してそんなふうに言える人は、どれほど幸せだろう。

私にとって、
心から堂々とそんなふうに言えるものは、何だろう…
はたして、あるのだろうか…

そう思える人生を今からでも過ごしたい!

真剣に思った瞬間でした。





[PR]
by hitomi_tk | 2017-03-12 19:02 | 日々のこと | Comments(0)

静かで深い…

用事を済ませる合間、ほんの少しの空き時間に立ち寄った
本屋の棚の上にしおり。

そこに書かれていたのは…

逢ひ見ての後の心にくらぶれば
昔は物を思はざりけり
          権中納言敦忠「百人一首」第43番

久しぶりに目にした百人一首。
なんだかいろんなことがあって疲れ気味の心に
染み込む。

文字は静かでいい。
そして短くて深いものは、なお沁みる…
そんな風に感じるときがあります。

裏返した栞には…

契ったあと
知ったのです
前だって
あなたを思っていた
けれど 思うだけなら
思わないのと まったく同じ
それがわかったのでした
こうして 契ったあと
           小池昌代・訳

とありました。

こんな歌だったのですね、なんとも言えない気持ち。
知った者だけが、深く感じ知る想い。
こんな思いをあの少ない言葉の中に込められること…
そして、それを私にも分かるよう感じられるように
手渡してくれる人がいることも
すばらしいと、そう思うのです。


静かで深い…
そんな歌が歌えたら最高に幸せです。


少しずつ春が近づいてきますね。
みなさまに良い毎日でありますように。
いつも、ありがとう。




[PR]
by hitomi_tk | 2017-02-28 23:15 | 日々のこと | Comments(0)

葉牡丹と折り紙と…

c0097806_1221428.jpg

皆様、もうすっかりお正月気分は抜けましたか?
私はとっくに・・。そういう気分は元旦だけだったような気が(笑)

さて松の内。
関東では昨日までで終わってしまったけれど、
関西では15日まで…ということで、まだ少しお正月の話。

正式なお正月飾りはできなくとも、
毎年、新年を迎えにあたり少しでも花を飾りたいと思う。

ただ我が家には花好きのネコがいるため、
植物の類は、お手洗いの小さなコーナーにしか置けない。

何年か前の暮れのこと。
花を飾って暫くして、長男(ネコ)が見当たらない。
まさか!と扉を開けると、夢中でムシャムシャ食べる後ろ姿が。。
私が出る時に扉の隙間からスルリと入っていたわけで、、
あーー、ユリ科の植物はダメダメー!!
大慌てで動物の救急病院へ連れて行った。

それからは充分に気をつけて飾る。

昨年末は、気にいった花がなかなか見つからず、
やっと出会った小さな小さな葉牡丹を一つ買った。

葉が、雪の結晶のようになっていて(写真で分かるかな?)
とてもかわいい^^

さすがにそれだけというわけにもいかないので
庭にある南天の葉と、斑入りのアイビー、
西洋ヒイラギの紅い実(残念ながら南天に実がついてなかったのです、、)を添えて…
小さなお飾りとなった。

そして、折り紙の鶴。
11月に姪が送ってくれたプレゼントの包み紙が、あまりに綺麗で捨てられず、
正方形に切って久々の折り紙。
そこに金紙を少し貼り添えて、出来上がり!
となったのでした^^




[PR]
by hitomi_tk | 2017-01-08 14:19 | 日々のこと | Comments(2)