愛しい日々 奏でる日々 hitomitk.exblog.jp

ピアノを弾き、歌っています。


by hitomi_tk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:日々のこと( 454 )

昨年の11月17日、
『LOVE LIFE FOREVER』の発売記念ライブをさせていただきました。
あの日、お出かけくださった皆さま、
そして、クオレさん、田中正人さん、サポートしてくれたメンバー、
そう言えば、皆さん遠方からだったり、忙しかったり、また体調の優れない中を
応援に駆けつけてくださったなぁ・・、と思い出します。
本当にありがとうございました。

あの晩は、皆さまが声をかけ合ってくださり、
京都RAGがお客様でいっぱいになって、私はびっくり。。
私のライブに来慣れてらした方は、その人の多さに
”あっ・・、間違った・・・”と思われたはずです(笑)。
何とも温かな空気の中で、演奏させていただいたのでした。

あれから一年・・、私は成長したのでしょうか。
今年は様々なライブを経験させていただき、
素敵な方々に出会うこともできました。
ライブも少しずつ増えて、本当に有り難い一年でした。

そして今日は、
岩田晶さんと12/1ライブのリハーサルでした。
岩田さん、素晴らしいのです!
あの多彩な音を文字で表すのは難しく、適切な言葉になりません。
ともかく、聴いて感じていただくのが一番です♪
これで私の歌がピアノが良くならなければ嘘でしょう!という感じです。
お会いする度に与えられ、教えられることは多く、
音楽的にも精神的にも解放され、パワーをいただいてます。

こうして毎日を恵まれて…、本当に幸せなやつです、私は。
さぁ、しっかりまいります。
[PR]
by hitomi_tk | 2006-11-17 22:28 | 日々のこと | Comments(0)

男とエプロン♪

c0097806_0503078.jpg









一昨日は久々にピアノの調律をしていただいた。

調律が始まると、安心するようなワクワクするような
特別な気分になる。理由は・・、分からない。

ずっとお世話になっている私のピアノドクターA氏が、
一つ一つの鍵盤をたたき、音を聴き分け、弦をハンマーを調節していく。
お仕事は丁寧でかつスマート♪

私のピアノは25年以上になる古いもので、
見ていただく度に、あちこち直すべき箇所が見つかる。
つまりなかなか手がかかるわけである。
それを、いつもいい状態に直してくださる。本当にありがとうございます。

A氏は調律に入るまえに、紺色のエプロンをする。
それがまた、とってもいいのだ♪
私も何人もの調律師さんに出会ってきたが、誰にでも似合うものではない。
エプロンは、お仕事の跡を現すかのように、
いい感じに使い込まれて柔らかく、くたっとしている。
色も少し褪せたような具合だ。

プロのお道具箱も、わくわくする。
もちろん触ることはしないが、触ってみたくなる。

邪魔をしてはいけないと思うので、しばらくお任せして違う部屋に行くが、
時間を見計らって戻り、また、じーっと見てしまう。
静かにしていられず、話かけたりしてしまう。(邪魔ばっかりですみません。)
A氏と話をすると、仕事を楽器を音楽を、そして人生を愛しているのだなぁ…
と感じる。

そんなことをぼーっと考えている横で、調律は進む。
プロの仕事は美しい。気負いもなく、動きに無駄がない。
淡々と穏やかに進んでいく。うっとり見てしまう。
こういう仕事は、見られていたらやりにくいのだろうか…と思うが、
そうではない。
まったくの平常心。これがプロというものなのだろう。
私も平常心でやれるようになりたいものだ…、
無駄なく美しい音を紡ぎ出せるようになりたいなぁ…などと
また、ぼーっと考える。

そしてまた、こういう美しい仕事を
妻も子供も見る機会がないのだろう、などとも思う。
見れば、改めて惹かれるのだろうな、と。ほんとうに勿体ない事だ。
だいたいの場合、妻は夫の、子供は親の、仕事をする姿を見ることはない。
私も、今はこの世にいない父の、外で真剣に仕事をする姿を
一度きちんと見ておけばよかったかな…と、ふと思う。

ともかく、仕事のできる男にはエプロンが良く似合う。と思う。
仮にその胸にエプロンが掛かっていなくとも、
一流の仕事をする男には、特別な佇まい、というものがあるのだろう…
と思うのだった。

ピアノと一緒に私も調律していただいたような、幸せな一時であった。
感謝。
[PR]
by hitomi_tk | 2006-11-17 00:54 | 日々のこと | Comments(0)

冬の入り口

c0097806_1235172.jpg

昨日(11/7)の空。
午前中の強い風が、雲も吹き飛ばしたのでしょうか。
きれいな空色でしたね。

昨日は3ヶ月ぶりに歯医者さんに行って、
ドライヤーを買って(接触不良気味だったけれど、一昨日ついに煙が出て
動かなくなった…)、たて続けに切れた電球2個を買って、
久々にCDshopに寄れば、グラッペリとペトルチアーニのDVDに出会い、
それとCDも入手して帰宅。
夕食は、野菜の煮物に鮭を焼いて、
ご飯(昨日は三分づきに赤米、もちきび、粟、アマランサスなど雑穀いり)
みそ汁(たしか大根葉、里芋、油揚げ)、おつけものなどで軽く。

それにしても、急に寒くなりました。ついに本日、暖房器具に頼りました。
みなさまも気をつけてくださいね。
[PR]
by hitomi_tk | 2006-11-08 17:57 | 日々のこと | Comments(2)

11月5日の散歩道

c0097806_3244892.jpg









久々に散歩。

実は、10月に入ったころ尾骨を強打。
少し痛みの治まってきた先々週に左足を捻挫。
こんないい季節に、、と思いながらずっと我慢していたが、
そろそろ大丈夫そうな気がして、近所を歩く。

我が家のすぐ近く、公園を抜けると、こんな散歩道が続く。
まだまだ緑色の木々の中、桜の葉だけが一足先に色づいて、
土の上に、草の上に、道路に溝に散り落ちている。

桜はこれから、その体の中に春のための色を蓄える。
そう思うと何とも言えない気持ちになる。

散歩道の両脇には近所の人が花を植えているようで、
季節ごとに美しく、楽しめる。
背丈の低い花々のそばに、痩せたコスモスが2、3本
ちょっと淋しそうに揺れている。
その花に、シジミ蝶が留まったり離れたりひらひらしている。
うーん、秋の夕暮れです。
そしてその横には・・・、ん?向日葵・・・・・。
いくらキク科の植物とはいえ、ちょっと遅くないですか?

なんだかしっくりこない気分で見ていたが家に帰って、ふと思う。
花も人間もいろいろ。出遅れるタイプもあり、ですよね。

そう言えば、私もずいぶん歳をとってから
皆さまの前で音楽させていただくようになった。
若い方々のすぐとなりで。
もしかしたらライブを始めた日の私は、
あの向日葵のような存在だったのかもしれない。
温かく見てくださった皆さま、本当に感謝です。
[PR]
by hitomi_tk | 2006-11-06 00:24 | 日々のこと | Comments(5)