愛しい日々 奏でる日々 hitomitk.exblog.jp

ピアノを弾き、歌っています。


by hitomi_tk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ライブの後に( 146 )

感謝【2011.5.24 RAG】

一昨日のRAG、喉は完全に戻ってはいなかったけれど
いろいろな方の助けがあって、何とか歌い終えることができました。
一人で演奏しているけれど、一人じゃないんだと痛感します。

お出かけくださった方々、スタッフの皆さん、見原さん、ぺっぺいさん、
ありがとうございました。

身体にも心にも優しい、静かで穏やかないい夜でした。

進化している見原さんの歌も、初めて聞くぺっぺいさんの歌も
やさしく寄り添い包んで、ゆっくり染みていくようだったなぁ。

久々にお会いできた方とゆっくりお話もできたし、
一昨日のメンバー3人で、また何かすることがありそうで・・
今後も楽しみになっています。

喉をしっかり元に戻して、再び練習の日々です。
ありがとうございました。
[PR]
by hitomi_tk | 2011-05-26 11:04 | ライブの後に | Comments(2)
11日のスローハンド、何とか無事すみました。

あの日の喉の状態で歌える曲は限られていましたが、
歌って、ピアノだけ弾いて、歌って。3曲演奏して募金して帰りました。

ご心配おかけしたりお騒がせしてしまいましたし、
自分の身体にとってもどうだったか…ということはありますが、
ある意味では良い経験になったと思っています。お許しください。
今後ライブをやっていくには、よく考えなくてはなぁと思います。

募金箱はずっしり重かったです。
36756円が集まり、翌日早々スローハンドの佐野さんが
日本赤十字社へ”東北関東大震災義援金”として振り込んでくださいました。
感謝。

こういうライブがあることで、ほんの少しでも何かが動くことは
嬉しいことだと思っています。
ありがとうございました。
[PR]
by hitomi_tk | 2011-05-17 14:40 | ライブの後に | Comments(0)

感謝【2011.2.28 RAG】

c0097806_12253952.jpg

一昨日はRAGへお出かけくださり、ありがとうございました。
京都の方に加え、なんと東京からもお二人が!久々のお顔も拝見でき
ライブ後はお客さまはもちろん、スタッフの方や出演者とも
ゆるゆると和やかに幸せな時を過ごせた夜でした。

対バンの方々も本当に素敵で、浴びた音が心に体に染みました。
そして何と言うか…、
3組で一つのライブ♪みたいな感じにできあがっていた気がします。
(そう思うのは私だけかな…(笑))
ふと考えればこのところRAGのライブ、幸せな出会いがとても多い。
素敵なブッキング!ありがとうございます。

ライブは、相変わらず静か路線を延々させていただきました。
昨日の自分の音に関してはいろいろ・・。
あ〜〜〜〜、、、と思う点もたくさんあるけれど
なんとかこれをクリアしたい!と考えていたことが少しでも実現できて、小さな一歩。
部分的に進んだり後退したりしながらでも、
気持ちが前を向いて諦めなければ、何かは変化していくのだから。
焦ってはならないけれど、でも早くクリアしたいな〜〜。
ともかくまた今日から、更にていねいにやっていこう。

そして、少しずつだけど新しいことも心の中に広げていきたい。

音楽に、そしてそのまわりを取りまいてくれる方々に
心からありがとう!
[PR]
by hitomi_tk | 2011-03-02 12:44 | ライブの後に | Comments(2)

感謝

16日の京都RAGでのライブ。
ご一緒にお過ごしくださった皆様、本当にありがとうございました!

なんというか、私にとっては特別な夜になりました。
4ヶ月半ぶりのライブだったのですが、そこに至るまでのいろいろ。
間際までどうなるのだろうか…と思っていましたが、
いろいろな方々に支えられて無事。

ライブは、今までになく地味で静かな音だったかなと思います。
今の竹内にできる音楽を我が儘に、精一杯やらせていただいたのですが
皆さまあたたかく受け止めてくださって、本当にありがとう。

演奏中にもその後も、私の中には不思議なことが起こっていて。
その感覚の変化・・、ここにも何と書けばいいのかわからない(笑)。
でも確かなエネルギーをいただきました。

そして青木美左子さんとフジタスミトさん、佐合井マリ子さん
ご一緒させていただきありがとうございました。
RAGのスタッフの皆さん、いつもいつも温かく見守ってくださって
ありがとうございます。

「ライブ」というものを、そして音楽、人、人生・・そんなことまでを
あれこれとしみじみと、感じ考えることのできた嬉しい夜でした。
感謝。
[PR]
by hitomi_tk | 2010-11-18 00:08 | ライブの後に | Comments(6)
1. 夏の思い出(江間章子 / 中田喜直)
2. 遠い夏の手紙
3. 二人の岸辺
4. 天使の梯子
5. Scaborough Fair(イングランド民謡)
6. I Wish(Stevie Wonder)
7. Biliever

「遠い夏の手紙」
わたくしが「鳴いて!」とお願いしましたら
蝉の鳴き声に混ざり、”んにゃ〜〜”とかわいいネコの鳴き声が・・
なんともほのぼのしてしまいました(笑)。
ご参加いただきありがとうございました!
[PR]
by hitomi_tk | 2010-07-05 12:50 | ライブの後に | Comments(0)
一昨日のスローハンド。

欠席届も届いていたし、梅雨真っ最中だし、まぁいろいろで・・
もしかして今日はゼロかなぁ…なんて思っていたけれど、
思いがけない方々のお顔があったりで、
びっくり、そしてほっこりの嬉しい夜でした。
お出かけくださった皆さま、ありがとうございました。

スローハンドは一年ぶり、KOBUちゃんワールドは1年半ぶりでしたが
マスターS氏もKOBUちゃんも、お変わりなくお元気そうでよかった。

今回の出演者3人は、最近にしてはめずらしく平均年齢が高く・・
藤川さんも野田さんも、まっすぐなお人柄が音楽に表れていて
かなり落ちついたしみじみとした良い夜となりました。

私は・・、まだすっきりと打破しきれない長年の課題も残しつつ、
前回ライブの問題をクリアーできた部分もあり。
ほんの少しずつであっても、良い方向へ進んでいると思います。
日々のいろいろな経験は間違いなく私を鍛えてくれています。

今回も応援くださった皆さま、本当にありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by hitomi_tk | 2010-07-05 12:37 | ライブの後に | Comments(0)

HATライブ、無事終了

昨夜のHATライブ。
RAGは、80人を越えるお客さまでぎっしり!
まぁ何とも温かいお客さまで、ライブはとてもいい雰囲気。
楽しい2時間を過ごさせていただきました。
初めての方々にもお声をかけていただいて、嬉しかったなぁ。
ありがとうございました。

今回は、日頃自分がやっている曲とはタイプの違うものが多く
ノリが違う!スピード感も違う!さぁどうする?!?!
最初かなり戸惑ったものもあったけれど、徐々に馴染んで何だか楽しくなって
おぉ〜こういうのもいいものだなぁ!と。

しかし本当に、よくこの竹内を使う気になってくれたものです(笑)。
おかげで今まで苦手だったことが思い切って出来たり、
自分には無理〜〜、、!!って思っていた領域の音楽の可能性も
ん…?まったくゼロじゃないかも…と思えるようになったり。
久々にピアノだけ弾くという楽しさも味わいました。

バンドという音響に関してもちょっと心配だったけれど、そこは
RAGのN氏がしっかり整えてくだり、不安なく自然にやらせていただきました。

音楽の可能性はとにかく限りない。
その中で自分のできることはほんの僅かだけれど
その僅かを、もっともっと精いっぱいやってみたい・・
そう思った今回でした。

お客さまに、スタッフの方々に、メンバーに、感謝!
[PR]
by hitomi_tk | 2010-06-20 14:14 | ライブの後に | Comments(0)
1. はるのうた
2. Scaborough Fair (イングランド民謡)
3. Golden Rain
4. I Wish (Stevie Wonder)
5. Undine

いつもながらに全体にゆるゆるとした中、
「I Wish」だけは、なんとか元気に(笑)。

一昨日の”精一杯”の結果=録音したものを聞いてみれば、
思ってた以上に、あぁ〜〜〜数限りなく課題が。
今回のおみやげは、次回クリアの楽しみに励みます!
[PR]
by hitomi_tk | 2010-06-05 13:15 | ライブの後に | Comments(0)

感謝【2010.6.3 RAG】

『続・ピアノ弾き語り三昧』
ご一緒に過ごしてくださった皆さま、ありがとうございました。

とても楽しく有意義な日でした。
なぜか見事にサバサバとした女6人が集められ(笑)
リハーサル、そして楽屋にもいい空気が満ちていました。
ライブではそれぞれが丸腰でピアノの前に座り、自らをさらけ出し
仕事が終えれば和やかにたすきを渡してゆく・・、
そんな感じだったでしょうか。

お客さまも全ての出演者に温かく、RAGは良い波動に満ちていました。
良い出会い良い時間に、心より感謝です。

しかし、ピアノと歌だけ・・
同じ形態で様々な演奏を聞くと、自分のこともより客観的に見られるような。
自分に足りないもの、自分の色、自分がどうしたいのか・・
気付かされたり考えたり、良い機会となりました。

そしてみんな見事なまでに違って、人間っていいなぁって思いました。
声、曲、詞、ピアノの音、感情表現等々・・いくつもの要素が
それぞれ数限りない色を持ち、その組み合わせの結果・・
気が遠くなるほどの可能性の中で、たった一つの個性が出来上がり
その場に集結存在したわけです。
奇跡のようなこと!

若い方々のまっすぐなエネルギー、無限にも思える可能性。
長く活動している方の持つ、自分の音楽の方向性としっかりした意志。
それを貫く姿勢に頭が下がります。

私はこれからどこへいくのだろう。日々の中、心に何が生まれるだろう。
生きている限り、まだまだ私にも変化がある。
そう考えていくと、人生は不思議で楽しい、そう思えますね。

まずは、その時々の自分をまっすぐ音楽に注ぎ込めるように受け皿を作ろう。
それはきっと何でもない毎日の暮らしの中で
肉体と心を整えること。練習して鍛えておくこと。

また私も新しくスタートです。
皆さまにも毎日が新しい日々でありますように。

ありがとうございました。
[PR]
by hitomi_tk | 2010-06-05 12:44 | ライブの後に | Comments(0)
<1st set>
1. Another Star(Stevie Wonder)
2. You are the sunshine of my life(Stevie Wonder)
3. What are you doing the rest of your life
            (Alan&Marilyn Bergman / Michel Legrand)
4. Foggy Day (Ira Gershwin / George Gershwin)
5. Love Dance (G.perzuzzetta / P.Williams / Ivan Lins)
6. The Island (V.Martins / A.Bergman,M.Bergman / Ivan Lins)
7. Scaborough Fair(Traditional)

<2nd set>
1. Sophisticated Lady (Duke Ellington)
2. Blue Moon (Lorenz Hart / Richard Rodgers)
3. My Funny Valentine (Lorenz Hart / Richard Rodgers)
4. Walk On By (Hal David / Burt Bacharach)
5. Alfie (Hal David / Burt Bacharach)
6. Close To You (Hal David / Burt Bacharach)
7. The Very Thought Of You (Ray Noble)
[PR]
by hitomi_tk | 2010-05-10 23:40 | ライブの後に | Comments(4)