愛しい日々 奏でる日々 hitomitk.exblog.jp

ピアノを弾き、歌っています。


by hitomi_tk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:ライブの後に( 144 )

感謝【2009.3.18 RAG】

RAGにお出かけくださった皆さま、ありがとうございました。

いやいや素晴らしい骨太な二組とご一緒させていただき、濃密な一日でした。
皆さまもお楽しみいただけたでしょうか。

歌うことって様々だけれど (もちろん楽器もですが…)、
声を出すことや、体を整えること、精神的なこと・・
大事な土台がちゃんとある方たちなんだな…って。
そして、曲をつくること、詞を書くこと、アレンジすること
すべてに深い思いがあって、しっかり望み、取り組んでいらっしゃる方々だと。
感じさせられること教えられることいっぱい。
そう、昔から思う「音は嘘をつかない」を良い意味で実感する日でした。
いいタイミングでお会いできたなぁって。

竹内も緩むことなく、しっかりとやっていきたい。
わたくしは、まず基本を整えることから・・ですね。

そして、全てのスタッフの方々も変わらず温かく素晴らしく
助けられ救われる思いでした。感謝です。

番外編としては・・、
以前一緒にやってくれていたベースの”ありりん”がお客さまで来ていて
(あ〜〜感想を聞くの忘れた、、)
他にも、竹内一回目のライブを観てくださった方が久々に来られてたりで
びっくり。。ちょっとは成長したなと思ってくださったのだろうか。

お天気は、お昼過ぎに急に空が暗くなって雨が降り出して・・
でも、リハーサルを終えたら雨も上がり路面も乾いて、
とりあえず”晴れ女”を継続中…かなと(笑)。

そして、お客さまの何人もの方が、他二組の方たちとも知り合い。
それもけっこう複雑に入り組んだ繋がりかたで(笑)。
本当に人って思いがけないところで繋がっていくのだなぁ、
と、ちょっと不思議でちょっと楽しい思いでもありました。

考えてみたら、私とお客さまとの縁も不思議なものが多いし、
ライブ後にお話していて、出会えてよかった・・と。
またも一人一人の方の心にふんわり触れた気がしました。
ありがとうございました。

また今日からしっかり練習します。
昨日は目覚めたら、珍しく声がガラガラカスカスだったので休憩日でした(笑)。

皆さまに感謝。
[PR]
by hitomi_tk | 2010-03-20 11:15 | ライブの後に | Comments(6)
春の曲と・・、ホワイトデーだったのでヴァレンタイン特集もちょっと(笑)

<1st set>
1. あなたと
2. スバラシイ チカラ
3. オンディーヌ
4. Valentine's Day(James Taylor)
5. My Funny Valentine(Lorenz Hart / Richard Rodgers)
6. Valentine's Day
7. 皆さまの歌声で・・春がきた〜春の小川
8. もうすぐBirthday

<2nd set>
1. もうすぐ春
2. Yellow River Town
3. 蘇州夜曲(西條八十作詞 / 服部良一作曲)
4. 春の坂道
5. 皆さまの歌声で・・朧月夜
6. 春のうた
7. 天使の梯子
8. Golden Rain
9. Happiness

今回も皆さまのステキなお声も聞けて、満足満足!!
やっぱりとても気持ち良いのです。
実は、お一人お一人の声が結構聞こえてくるのですよ(笑)。
耳を切り替えると、全体の響きにも聞こえ、一人一人も聞こえ・・
便利なわたくしの耳です♪

そうそう、皆さまに歌っていただいた3曲はすべて、
高野辰之作詞 / 岡野貞一作曲 でした。
[PR]
by hitomi_tk | 2010-03-15 16:26 | ライブの後に | Comments(0)

感謝【2010.3.14 SADE'S CAFE】

春のSADE'S CAFEライブ、お陰様で無事終了いたしました。
お出かけくださった皆さま、そして店長の太田さん、スタッフのみのりちゃん
ありがとうございました!

結構、長い時間やっていたのですが、感覚的にあっという間に過ぎて・・。
やさしい幸せな時間をありがとうございました。

昨日は、珍しく明るいうちに前半終了。
皆さまのお顔もしっかり拝見できて、あれはなかなか嬉しい時間でした!
真っ暗な空間に向かってお喋りするのとは全然気分が違いますね(笑)。
そして後半は日も暮れて、いつものように灯りを落として。

しかし・・、皆さまに何度かお会いしているうちに、
それぞれの方の暮らしぶりが、ほんの少しくらい分かってきたりします。
昨日は20代から70代までの方々。
それぞれの生活状況も生き方も性格も、きっと見事に違うのでしょうけれど
すべての方から、ひたむきに生きていらっしゃる感じが漂ってきます。
それがとても嬉しくて。

お仕事がとても忙しかったり、お仕事がやっと見つかったり、
お仕事+資格試験勉強をしておられたり、お仕事+音楽活動しておられたり
家族のお世話をなさる毎日も大変だし、一人で日々の暮らしをきちんとするのも大変。
いろんなことを抱えて、でも誰も大変…とは仰らなくて、
そこに集ってくださってる。
当たり前のように思って日々を送っていらっしゃるかもしれないけれど
続けることは、そんなに簡単なことじゃないと思うのです。
誰もいつだって順調なわけじゃない。
辛いことや嫌なこと、疲れるし面倒なことも山のようにあるに違いない。
けれど、ああして沢山のエネルギーを費やして会いにきてくださる。

は〜〜〜ぁ、、私はちょっと、いえとても恥ずかしくなりました。
私はちゃんと生きているだろうか・・。

皆さん、静かだったり熱かったり(笑)タイプはいろいろですが
生きてるーー!! 私が自慢してどうする!って感じですが、
私はそんな方たちにいつも囲まれているんだなぁと思う。
宝物のような人たちに、そのエネルギーに。

私もちゃんと生きないと。もっと”生きる”ことをしないと。
ライブに来てくださって、その上大事なことを教えてくださって、
本当に、いいエネルギーをありがとうございました。

私もいつも、いいエネルギーをお渡しできるようでありたい。
もっと大事に日々を重ねていきますね。
そしてまたお会いできる日を楽しみにしています。
ありがとう、心よりの感謝をこめて。
[PR]
by hitomi_tk | 2010-03-15 16:14 | ライブの後に | Comments(0)
<1st set>
1. All Of Me(Seymour Simons / Gerald Marks)
2. Close To You (Hal David / Burt Bacharach)
3. The Island (V.Martins / A.Bergman,M.Bergman / Ivan Lins)
4. Wives & Lovers (Hal David / Burt Bacharach)
5. What are you doing the rest of your life
            (Alan&Marilyn Bergman / Michel Legrand)
6. Mas Que Nada (Jorge Ben Jor)
7. On A Clear Day (Alan Jay lamer / burton Lane)

<2nd set>
1. Valentine's Day(James Taylor)
2. My Funny Valentine(Lorenz Hart / Richard Rodgers)
3. Scaborough Fair(Traditional)
4. Sophisticated Lady(Duke Ellington)
5. Cry Me A River (Arther Hamilton)
6. Foggy Day (Ira Gershwin / George Gershwin)
7. I Wish(Stevie Wonder)
8. The Very Thought Of You (Ray Noble)

好きな曲がいっぱい。もともと自分が好きだった曲、そして
岩田さんに歌ってみては?と言われて歌って好きになった曲、
そんな曲が少しずつ増えてきました。

ただ、好きな曲はどちらかというと静かでゆったりして暗い…
のようなタイプが多く、メニューもそうなりがちで。
やはり聞いていただいているには退屈、でしょうか。
たしかに食事だって薄味ばっかりじゃどうも…、ですよねぇ(笑)。
ちょっとピリッとしたものも欲しいし。
んー、またあれこれ取り組んでみようと思います。

「Mas Que Nada」は岩田さんがギターで弾き語り、でした。

「Valentine's Day」「My Funny Valentine」は、
もちろんヴァレンタインデーに向けて・・。
[PR]
by hitomi_tk | 2010-02-12 16:38 | ライブの後に | Comments(4)
昨日は、雨降る休日の夜、寒い中をお出かけくださって
ありがとうございました。

クロスロードに向かう道々、
”こんな休日は、みんなお家でほっとしていたいよね…”と思っていて、
もしかしたらお客様いらっしゃらないかも・・
と思ったりしたのでした。

でも時間になって、ぽつり、ぽつりと入ってきてくださって
冬の夜の静かな居間のような状態になってきました。
一人一人が静かに、思い思いに座って過ごすような、
今までとはまたちょっと違った感じに思ったのでした。

同じお店でも、いつものお顔でも、
一人一人のその日の状態が違う。
それぞれの方に、きっと想像もしない毎日や心の状態があって。
それは自分にも人にも同じ。
その波動が一つの空間の中で毎回違うミックスになって。
当然その日その場所で作られる空気は、本当に様々で・・
だから、たった一度の今日という日のその瞬間、
それを大切にただまっすぐ有り難く丸ごと受けとれるエネルギーのような
やわらかい心のような・・
そんなものをもっと身につけられたらと思いました。

言葉にはうまくできなくて、支離滅裂のようになってますが、
今を書き留めておきたくてこんなこと書いてます。
演奏しているのは自分だけれど、そんなことではなくて・・
温かく見守り応援していただいて本当に幸せものと思っていたけれど
それだけじゃなくて、それを越えるところで思いが深く複雑になっています。
(もちろんこれはとても良い意味で…)

ちょっと深刻そうでしょうか(笑)。
どうかニコニコと読んでやってください。

ともかく、そこに居てくださってありがとうございます。
竹内に関わってくださって、ありがとうございます。
皆さまの毎日が、それぞれに大切に思える良い毎日でありますように。
感謝。
[PR]
by hitomi_tk | 2010-02-12 15:47 | ライブの後に | Comments(0)
<1st set>
1. Blue Moon (Lorenz Hart / Richard Rodgers)
2. Walk On By(Hal David / Burt Bacharach)
3. In The Bleak Midwinter(Traditional)
4. 白い夜に
5. Wives & Lovers (Hal David / Burt Bacharach)
6. What are you doing the rest of your life
            (Alan&Marilyn Bergman / Michel Legrand)
7. The Holly and The Ivy(イギリス・キャロル)
8. A Foggy Day (Ira Gershwin / George Gershwin)

<2nd set>
1. Have Yourself A Merry Little Christmas(H.Martin / R.Blane)
2. Antonio's Song (Michael Franks)
3. Garota de Ipanema(Vinicius De Moraes /Antonio Carlos Jobim)
4. The Very Thought Of You(Ray Noble)
5. The Look Of Love(Hal David / Burt Bacharach)
6. I Wish(Stevie Wonder)
7. On the other side
8. May Each Day(Mort Green / George Wile)
9. The Christmas Song(Mel Torme / Robert Wells)

<en.>
きよしこの夜(Josef Nohr / Franz Gruber)

「Garota de Ipanema」
岩田さんがあの名曲「イパネマの娘」をギターで弾き語り!
私が依頼した時、随分迷っておられましたが(笑)
演奏する時もなかなかスタートするのに時間がかかりましたが(笑)
なかなかいい感じ♪岩田さんの声はボサノバに合ってるんだなぁ〜と思いました。

「On the other side」
わたくしのインストオリジナルで、まぁ珍しく賑やかな曲。。
ライブ後、あるお客さまに・・
竹内さん歌ってる時とインストやってる時とで、まるっきり人格が違う(笑)、
と言われてしまいました、、(笑)。もっともっと練習しよ、、。

一部と二部の間の休憩時間、BGM代わりに讃美歌をピアノでうっすら・・
お客さまの中には、耳馴染みのある讃美歌もあったようで、
そんなことからお話もできて嬉しかったです。

アンコールは皆さまのお歌で「きよしこの夜」
素敵な声が寄せられて、嬉しかった♪ありがとうございました!
[PR]
by hitomi_tk | 2009-12-29 00:13 | ライブの後に | Comments(2)
クリスマスイヴの夜、クロスロード・・・
いつものお顔も、久々のお顔も、初めてお目にかかるご近所の方も
皆さまご一緒に和やかな空気を作ってくださって、ありがとうございました。

クロスロードに向かう道は、なかなかの渋滞で
いつもの時間の倍は軽〜くかかりました。
若い頃から、”イヴだから…”といって特にどこかへ出かけることもないわたくし、
これがクリスマスイヴというものか〜〜〜!とびっくり。。
車だけでなく、きっと電車も混んだことでしょう。
そんな中をお出かけくださってありがとうございました。

三ヶ月ぶり二回目のクロスロードは、変わらず温かく迎えて入れてくれました。
マスターの村上さんは、今回はドラムの演奏をせずに
カウンターの中からそっと優しく見守ってくださり・・
グランドピアノは調律したてのピカピカの音♪気持ちよく弾かせていただきました。
何もかも、ありがとうございます。

そして、あるお客さまがお手製のケーキを持ってきてくださって・・、
それもいーーっぱい!!!(笑)
「皆さまにお配りしてもいいでしょうか・・」とお尋ねしたら
快く承知してくださって、皆さまにもお土産で持って帰っていただきました。
お家にご高齢のお母様がいらっしゃったり、息子さんがお留守番しておられたり
その方たちのお土産までができて、本当に幸せな気持ちになりました。
クリスマスイヴ、まさに皆で喜びを分かち合う…ぴったりの夜になりました☆
もちろん私もた〜っぷり美味しくいただきました(笑)。
Tさま、本当にありがとうございました。

言葉にすると何かが違ってしまいそうだけど、
クロスロードにゆったりと流れる、静かで温かな空気。
今年も皆さまと幸せなクリスマスイヴを過ごさせていただくことができて
心より感謝です。

次回のクロスロードは2月11日、またたくさん練習しておきます♪
ありがとうございました!
[PR]
by hitomi_tk | 2009-12-29 00:10 | ライブの後に | Comments(5)
もうすぐクリスマスシーズン♪

<1st set>
1. Close To You (Hal David / Burt Bacharach)
2. 雨が降ってる
3. In The Bleak Midwinter(Traditional)
4. The Holly and The Ivy(イギリス・キャロル)
5.もうすぐChristmas
6. 二人
7. Have Yourself A Merry Little Christmas(H.Martin/R.Blane)
8. Wives & Lovers (Hal David / Burt Bacharach)

<2nd set>
1. かいばおけに すやすやと(William J.Kirkpatrick / 作詞者不明)
2. 小鳥も飛び去る(フランス・キャロル)
3. X'mas Eve
4. 紅葉 (高野辰之 / 岡野貞一)
5. Your Smiling Face
6. SAMANNBAIA(Cesar Camargo Mariano)
7. 白い夜に
8. Golden Rain
9. May Each Day(Mort Green/George Wile)
10. The Christmas Song(Mel Torme / Robert Wells)

少し早めではありましたが、クリスマスの曲をたくさん。
新しい曲も増えました。

「もうすぐChrisutams」「かいばおけに すやすやと」「紅葉」では
皆さまのお声をいただけて幸せでした。
ありがとうございました♪

しかし、岩田さんの”牛の声”(?)・・
すごくリアルでしたよね、さすがです。
もう来年のクリスマスまで聴けないなんて、残念です(笑)。
[PR]
by hitomi_tk | 2009-11-28 13:14 | ライブの後に | Comments(2)
22日の日曜日・・、連休の中日、雨の降る寒い中
わざわざお出かけくださりありがとうございました。

久々のSADE'S CAFE。
スペシャルなゲストもありのクリスマスライブとなりました。

当日3時、カフェに入れば、店長の太田さんと岩田さん、
そしてなんと、PAのN氏のお姿が…!!
長いツアーの最中、高松〜金沢の移動途中、下車して駆けつけてくださって。
あぁ、、幸せ。

開場まで一時間半しかないのでせっせとセッティング、サウンドチェック・・
専門家がいると早い早い(笑)、どんどん作業が進みます。
その上、N氏は8万円もする上等なマイクを出してきて
「ちょっとリハで試してみる?ただ感度良すぎて些細な音も録ってしまうけど」
「え?いいんですか!?もちろんもちろん使ってみたい!!」

マイクの感度が良いという事は・・、
ピアノを弾きながら動いてマイクから離れても、小さな声も息さえも拾い
いろんな歌い方をしても、その声質をそのまま受けてくれるわけで、
ほぉ〜いいだろうなぁ〜〜ということだけれど、
その分、下手くそなのも不安定なのも全部そのまま・・というわけで
嬉しくもありちょっと怖ろしくもあり…(笑)、ということになります。
でもこんな機会は滅多に無いので、本番も使わせていただきました♪

開場して間もない頃、
アレンジメントなどのお仕事などしていらっしゃるKさんから写メール。
「クリスマスのアレンジメントが手元にありますが持っていきましょうか?」
そんな嬉しいことはない、もちろんもちろん!!と、これも甘えました。
すぐに抱えてきてくださったお花は、ピアノ横にセッティング。
すっかりクリスマスの雰囲気に仕上がりました!

お客さまはいつものように、すぐ目の前に。
いつもの…、久々の…、遠方からの…、お客さまのお友達の…、
そして本当に思いがけない…、いろいろな方のお顔を拝見できて・・。
皆さま、形としてはわたくしのライブを観にきてくださってるわけだけれど、
こちらから一人一人の方に会いにいくのではなくて(又は、会いに行けなくて…)
そんな方々がそれぞれにいろんなものやエネルギーを費やして集ってくださる。
すごくすごーく贅沢なことだと・・、ありがとうございます。

SADE'S CAFEは、あっという間に、皆さまの波動が作りだす
静かだけれど和やかで温かくて柔らかな空気に満たされ
まさに ”クリスマス” を感じる夜☆となりました。
その中で演奏できるわたくしは、とても幸せものでした。
ピアノの隣りには素敵なクリスマス飾り、N氏の作ってくれる美しい音、
皆さまの笑顔や笑い声に包まれ抱きしめられて、
あんまり幸せで、ついまた良くない癖が出て長時間になりましたが
お付き合いくださりありがとうございました。
後でお疲れが出ていなければ良いのですが・・。

店長の太田さん、Nさん、Kさん、お世話になりありがとうございました。

次のSADE'S CAFEは、来年、春の気配が漂いはじめる頃に・・と思います。
またお会いできれば嬉しいです。

明日29日からクリスマスシーズンに入ります。
どうぞ皆さまに、心温かな良いクリスマスシーズンとなりますように☆
感謝。
[PR]
by hitomi_tk | 2009-11-28 00:21 | ライブの後に | Comments(0)
岩田さんの提案で、雨と月のシリーズです(笑)♪

1. 雨があがる
2. Raindrops Keep Falling On My Head(Hal David / Burt Bacharach)
3. 雨が降ってる
4. Blue Moon (Lorenz Hart / Richard Rodgers)
5. 月の花
6. 白い夜に
7. Golden Rain
8. Wives & Lovers (Hal David / Burt Bacharach)

振り返ると、全体を通して静かな曲やマイナーの曲が多くなった気が・・。
雨降る冷たい秋の夜に、
落ち着き過ぎてちょっと淋しい感じだったでしょうか。
テーマが”雨”と”月”じゃ、そうなりがちですか・・。
[PR]
by hitomi_tk | 2009-11-20 00:34 | ライブの後に | Comments(0)