愛しい日々 奏でる日々 hitomitk.exblog.jp

ピアノを弾き、歌っています。


by hitomi_tk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

クリスマスシーズン

c0097806_22543853.jpg

昨日からアドヴェント、つまりクリスマスシーズンに入った。

近所の家でも、庭にイルミネーションライトが飾られ
我が家も少しだけクリスマス飾り。小さなツリーや額、かわいい置物・・
あれれ…、自分で買ったものが一つもない(笑)。

クリスマスカードもちょっと早めだけど書こう。
海外では、届いたカードを部屋に飾ってシーズン中楽しむらしい。
日本だと、今頃出すとちょっと早いかなぁ…と
いつもゆっくり待って出していたけれど、今年は早めに出してみよう。

寒い中の小さなぬくもりに、暗い中の小さな灯りに、
ほわんと幸せな気持ちが生まれる季節。
特別なことなどなくても、なんだか温かい気持ちになる季節。
そんなふうにいられることを、いつの季節も忘れないで過ごそう。

今年の自分を振り返りながら、締めくくりをしながら
新しくやってくる年への想いを浮かべながら
大切な人たちのことを思いながら、静かに大切に過ごそう。

もちろん大好きなクリスマスソングを聞きながら、歌いながら。
[PR]
by hitomi_tk | 2010-11-29 23:12 | 日々のこと | Comments(8)

ある秋の日に、ふと

何だか、たいして変わらない日々を送りながら
それでも一日一日は確実に過ぎていて、
それが重なってあっという間に時間が過ぎていることに、はっとする。
そんな瞬間がある。

ついこの間まで、残暑だー、秋がこないーなんて言ってたと思うのに、
頭の中や身のまわりのこともこれといって進んでいないのに、
外へ出れば、もう年賀状だのクリスマスだの、あっという間に今年もわずか。

こんなことではいかんでしょうが!と思うけれど
それに押しつぶされてはいけないよな。そんな時もある。
仕方ないのだ。抱えたものは人それぞれ違うのだから。
その人にとっての重さも感じ方も違うのだから。

しかしその何もしてない時間にも、なにかしら頭の中で考えているわけで、
それは決して無駄ではなく、本人の人生にとっては必要なことだったりするんだろう。
そこを超えなければ決して前に進むことのできない何かが
その停滞している渦の中に潜んでいて、
普段は自分が気付かないものや、ふたをしたままのものを
一回開いてちゃーんと目を開けて、じっときちんと認めて整理してみないといけない。
そんな時が人生には何回かやってくる。そんな気がする。

何回もやってきた気がしても、結局積み残したまま前へ進んでいたりする。
だから良い機会だと思って、思い切りじっと見てみる
頭がおかしくなりそうなしんどい作業だったりしても、敢えてやってみる。
ごまかさないでそのまま通過しないで、やってみる。

これは人からは見えないこと。
いやいや、もしかしたら「停止」 いや「後退」「低下」そんなふうに見えていても
自分だけはそれを良しとしなければならないよなぁ…と思う。

その先には、素晴らしい自由と解放があるかもしれない。
そう思えばつらい作業も何とか耐えられるものか。

私の周りにも長年一人で抱えてる人がいて、もがいてる人がいて。
毎日が歪んでしまうと感じるほどの苦しみを
誰に明け渡せるわけでもなく一人抱えていたりする。
それでもまっすぐ生きようとするその人の未来に、苦しんだぶんだけ
自由と解放とあたたかく満たされるものが用意されると、信じている。

そして、その人の上に雨が降っても、寒くなっても、嵐が来ても
ちゃーんと寄り添える人が居て、温かく過ごせる場所があるんだという…
そんな確信のようなものを持つことができる日が、そんな晴れた日が必ず来ると、
わたしは信じている。
[PR]
by hitomi_tk | 2010-11-28 14:29 | 日々のこと | Comments(0)

小春日和

c0097806_2292591.jpg

今日は一日中雨模様ですが、昨日は暖かな晴れの日でしたね。
まさしく小春日和。

父のお墓に行く途中、早足で歩きながらの一枚です。
今年は銀杏がとても美しい!
そんなふうに感じるのです。


新しい週がまた始まりました。
お元気で良い一週間でありますように。
[PR]
by hitomi_tk | 2010-11-22 14:07 | 日々のこと | Comments(0)

感謝

16日の京都RAGでのライブ。
ご一緒にお過ごしくださった皆様、本当にありがとうございました!

なんというか、私にとっては特別な夜になりました。
4ヶ月半ぶりのライブだったのですが、そこに至るまでのいろいろ。
間際までどうなるのだろうか…と思っていましたが、
いろいろな方々に支えられて無事。

ライブは、今までになく地味で静かな音だったかなと思います。
今の竹内にできる音楽を我が儘に、精一杯やらせていただいたのですが
皆さまあたたかく受け止めてくださって、本当にありがとう。

演奏中にもその後も、私の中には不思議なことが起こっていて。
その感覚の変化・・、ここにも何と書けばいいのかわからない(笑)。
でも確かなエネルギーをいただきました。

そして青木美左子さんとフジタスミトさん、佐合井マリ子さん
ご一緒させていただきありがとうございました。
RAGのスタッフの皆さん、いつもいつも温かく見守ってくださって
ありがとうございます。

「ライブ」というものを、そして音楽、人、人生・・そんなことまでを
あれこれとしみじみと、感じ考えることのできた嬉しい夜でした。
感謝。
[PR]
by hitomi_tk | 2010-11-18 00:08 | ライブの後に | Comments(6)

今日はRAG

c0097806_0591815.jpg

今年の秋は紅葉があまり奇麗じゃない、と聞いていたけれど
こうして階段に溜まった落ち葉だけでも、私には十分に奇麗だ。

今日は京都で年内最終のライブ。
行ってまいります。


しかし…ぐっと冷えこんでいますね。
皆さまも気をつけてお過ごしください。
[PR]
by hitomi_tk | 2010-11-16 12:52 | 日々のこと | Comments(0)