愛しい日々 奏でる日々 hitomitk.exblog.jp

ピアノを弾き、歌っています。


by hitomi_tk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2012.4.6(金)京都RAG

ライブのお知らせです♪

見原洋子 ~桜の咲く頃~ワンマンライブ♪

山田裕(G), 川辺ぺっぺい(B), 武井努(Sax & Fl), とくじろう(Per), ゲスト:竹内仁美(P)

【場所】京都 木屋町三条上がるLive Spot RAG
    075-241-0446
【チャージ】前売2000円 当日2300円(+1drink,1food)
【開場】18:00
【開演】19:30

ということで、見原洋子さんのライブにゲストでお誘いいただきました。

1月のRAGの時、ちょこっと一緒に演奏させていただいいて
ライブ後そんな話に…
心地良いあの瞬間がまた巡ってくる。それも素敵な方々と一緒に演奏できる。

柔らかくて優しい、でも芯の強いあの空気をかき乱さないように
そっと寄り添いたいものです。

皆さま、お出かけくださいね。
桜の咲く頃ですよ〜、素敵な時間を是非ご一緒に♪
[PR]
by hitomi_tk | 2012-03-24 11:43 | ライブご案内 | Comments(0)

この春のライブ♪

お元気ですか、春らしくなってきましたね。
高知で桜が咲いたとか…、早いです。

さてさて、この春のライブを簡単にご案内です♪

まず、4月6日(金) 京都RAGにて。
見原洋子さんのワンマンライブにゲストで呼んでいただきました。
ピアノ弾きます!

続いて、5月10日(木) 再び京都RAGにて。
昨年に引き続きセンターステージライブ!
お店の真ん中にグランドピアノを置いて、お客様はぐるり360度を囲み…
いつものステージの上からもご覧いただけます(笑)。

詳しくはまたあらためて。
皆さま良い春を!
[PR]
by hitomi_tk | 2012-03-21 14:39 | ライブご案内 | Comments(0)

金沢 兼六園から

c0097806_032110.jpg

兼六園からの眺め。
21世紀美術館へ行く前には、研修メニューの兼六園巡りだった。

ほんとうは雪の兼六園!を目指したわけだけれど、
金沢の雪はまだ積もる前で、雪景色の兼六園にはならず。
でも積ってたら坂道を登るのが大変だったはず。年配の方もおられたから。

でも遠くに望む雪を冠った山々はとても奇麗だった。
写真では伝わらないと思うけれど、見るだけで清々しい空気に包まれた。

写真のずっと左の方には、近く卯辰山が見えた。
忘れもしない…30年前の夏、
卯辰山の中、緑に囲まれた静かなカフェでお茶を飲んでいた時のこと。
マイケル・フランクスの『Antonio's Song』が流れてきた。
その瞬間それは体の中に染み込んで、忘れられなくなった。
今も大切な歌だ。

その時は曲名も分からないままに酔いしれて、
後年、その「Antonio」が、
子供の時から大好きだったアントニオ・カルロス・ジョビンのことと知り
どれほど驚いたことか…。
自分の大切な人に向けてあんな曲が書けたら、なんて素敵だろう。

兼六園では最後に、お茶室で生菓子とお抹茶をいただき、
午前中のプログラムだった大学の先生の講義→兼六園見学、の疲れを癒し
21世紀美術館へと向かったのでした。
[PR]
by hitomi_tk | 2012-03-04 18:19 | 日々のこと | Comments(0)
21世紀美術館はいろいろ面白かった。

でも最高の瞬間は・・ピアノを弾いたこと!
あるデザイナーの作った映像が次々と映し出される暗い部屋に
グランドピアノが置かれていた。

いいのかな〜っと思いつつピアノの前に座り、少し遠慮気味に、
まずは一音ポロン…、そしてまたポロロン…
あとは映像を見つめながら自由に弾く、弾く、弾く!
これぞずーーーーっとやってみたかったこと、映像と音の合体。
幾何学的な映像、葉から漏れ揺れる光・・・。私は弾き続ける。
小さなホールの残響は素敵で、透明な音はどんどん伸びて部屋を満たしてゆく。
暗闇の中にぽっかりと浮かんで音と映像が漂っていく。気持ちいい。

不協和音の連結だって、穏やかなメロディーだって何でもあり。思いのまま(笑)
全てがまったくの即興なのだけれど、何の迷いもなく何の恐れもない。
ああいう時って、ミスなんて全然しないんだ。
ライブでは、練習してもいっぱいしててもミスったりするのに。。
しかし楽しかった、ほんとうに。
放っておかれたら私は一日中あそこで弾いていただろう。
金沢に住んでいたら、間違いなく毎日通う!
苦情がでそうだけどね… (笑)

c0097806_2151834.jpg

美術館を出たら、もう日が落ちて街角の灯りが奇麗。
やっぱり金沢はちょっとした街角も素敵だ。
この少し奥にある、隠れ家のような素敵なお蕎麦屋さんに向かう。
小さくて静かなお店。
お客さんたちは、静かに会話やお酒を楽しみ、お蕎麦を味わい、
いつの間にかすうっと出てゆく、いつの間にか新しい人がふわりと入ってくる・・
そんな繰り返し。
大人はああいうお蕎麦やさんに行くんだよね。
能登の岩海苔がわんさと入った、手打ちの美味しいお蕎麦をいただきました。
また行こう。
[PR]
by hitomi_tk | 2012-03-01 23:03 | 日々のこと | Comments(4)