愛しい日々 奏でる日々 hitomitk.exblog.jp

ピアノを弾き、歌っています。


by hitomi_tk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

風邪の予防<うがい>

この季節、乾燥していますね。あちこちカサカサします。

たとえば同じ湿度50%と言っても、暑い時と寒い時では
空気中に含まれる水分量が違うそうです。
昨年の冬、耳鼻咽喉科のドクターに言われました。
だから冬になると、こんなに乾燥した感じがするのですね。

近年、歌を唄うようになって空気の乾燥にとても敏感に・・。
昔はほとんど何も感じなかったと思うのに、
やたら喉や鼻が察知するようになりました。
乾燥状態だととウィルスは活発になりますし、
とにかく、風邪をひかないように…と気になります。

うがいは、帰宅後だけでなく洗面所を使う度にちょっとするとか、
乾燥を感じたらするとか、1日何度もするのが良いようですね。
(しすぎるのも良くないようですが…)

それから、これは最近知ったのですが、
うがいをする時は、まずブクブクうがい15〜20秒。
これは口の中のウィルスを喉の奥に運ばないために、だそうです。
納得です・・。
その次に、上を向いてのガラガラうがいを、
15〜20秒を2〜3回すると良いようです。

以前は、朝食で飲んだ紅茶の葉を煮出して、うがい液を作っていました。
カテキンに抗ウィルス作用があるからです。
他にも塩番茶がいいとか、いろいろな説がありますが、
統計を採ったら、水でするのが一番効果があった・・とか。
果たして本当は何がいいのでしょう。
ご存じの方、ありますか?

皆さまも風邪に気をつけてお過ごしくださいね。
[PR]
# by hitomi_tk | 2006-11-24 23:22 | 日々のこと | Comments(0)

クッキー焼き

c0097806_230588.jpgちょっと前にクッキーを焼いた。
夏の間は暑くてオーブンを使う気にならず、
久々・・。
今回はカボチャとココア。

お皿は私の好きな湯町窯のもの。松江市にある窯だ。
玉造温泉で採れる原石から作られる釉薬は、
まろやかで落ちついた発色をしている。


さてクッキーだが、焼いた後4、5日してからが美味しいように思う。
フルーツやナッツのケーキもだけれど、
焼いた日は味も香りも落ちつかずぼんやりしている。
次の日に、うん美味しくなったなと思う。
しかし更に何日かすると、また美味しくなっている。
(私の作るものだけかもしれないけれど…)
ジャムは一ヶ月寝かせると美味しいという。
味噌のように発酵させるわけでもないのに、なぜだろう。

そして私の作るクッキー、味の保証は決してできないが、
材料だけはなるべく良い物(自然のもの)を使うようにしている。
特別栽培の国産小麦粉とか、自然卵、
お砂糖は以前はきび砂糖、最近はてんさい糖やメープルシュガー、
そして有機レーズン、有機ナッツ、有機シナモン等々。
せっかく自分で作るわけだし、それくらいはしたい。
だいいち味を求めるなら、プロの作った美味しいのがいーっぱい売ってる♪

ところが・・・、このクッキー小さい子供にうける。
子供の味覚というのは、赤ん坊に近いほど毒されていなくて、
添加物や農薬などに敏感だ。自然のものにとても素直に反応する。
すごいものだなぁ…と思う。

というわけで私のクッキー、
安全性だけはOKが出たような気がするのである。
[PR]
# by hitomi_tk | 2006-11-21 23:41 | 食べること | Comments(0)
久々の雨。
静かな日曜日でした。
昼過ぎに外へ出れば、光は澄んで小粒の雨は冷たく、
あぁ冬が近いのだなぁ…、と思いました。

今日も終わろうとしています。
今日もたくさん歌いました。

今、窓や屋根を打つ雨の音に包まれています。
こんな夜に暖かい部屋で、ゆったりとしっとりと、
ジャズなど聴きたいものです。

明日からの新しい一週間…
皆さまもどうぞお元気でお過ごしください。
[PR]
# by hitomi_tk | 2006-11-19 23:50 | 日々のこと | Comments(2)
昨年の11月17日、
『LOVE LIFE FOREVER』の発売記念ライブをさせていただきました。
あの日、お出かけくださった皆さま、
そして、クオレさん、田中正人さん、サポートしてくれたメンバー、
そう言えば、皆さん遠方からだったり、忙しかったり、また体調の優れない中を
応援に駆けつけてくださったなぁ・・、と思い出します。
本当にありがとうございました。

あの晩は、皆さまが声をかけ合ってくださり、
京都RAGがお客様でいっぱいになって、私はびっくり。。
私のライブに来慣れてらした方は、その人の多さに
”あっ・・、間違った・・・”と思われたはずです(笑)。
何とも温かな空気の中で、演奏させていただいたのでした。

あれから一年・・、私は成長したのでしょうか。
今年は様々なライブを経験させていただき、
素敵な方々に出会うこともできました。
ライブも少しずつ増えて、本当に有り難い一年でした。

そして今日は、
岩田晶さんと12/1ライブのリハーサルでした。
岩田さん、素晴らしいのです!
あの多彩な音を文字で表すのは難しく、適切な言葉になりません。
ともかく、聴いて感じていただくのが一番です♪
これで私の歌がピアノが良くならなければ嘘でしょう!という感じです。
お会いする度に与えられ、教えられることは多く、
音楽的にも精神的にも解放され、パワーをいただいてます。

こうして毎日を恵まれて…、本当に幸せなやつです、私は。
さぁ、しっかりまいります。
[PR]
# by hitomi_tk | 2006-11-17 22:28 | 日々のこと | Comments(0)

男とエプロン♪

c0097806_0503078.jpg









一昨日は久々にピアノの調律をしていただいた。

調律が始まると、安心するようなワクワクするような
特別な気分になる。理由は・・、分からない。

ずっとお世話になっている私のピアノドクターA氏が、
一つ一つの鍵盤をたたき、音を聴き分け、弦をハンマーを調節していく。
お仕事は丁寧でかつスマート♪

私のピアノは25年以上になる古いもので、
見ていただく度に、あちこち直すべき箇所が見つかる。
つまりなかなか手がかかるわけである。
それを、いつもいい状態に直してくださる。本当にありがとうございます。

A氏は調律に入るまえに、紺色のエプロンをする。
それがまた、とってもいいのだ♪
私も何人もの調律師さんに出会ってきたが、誰にでも似合うものではない。
エプロンは、お仕事の跡を現すかのように、
いい感じに使い込まれて柔らかく、くたっとしている。
色も少し褪せたような具合だ。

プロのお道具箱も、わくわくする。
もちろん触ることはしないが、触ってみたくなる。

邪魔をしてはいけないと思うので、しばらくお任せして違う部屋に行くが、
時間を見計らって戻り、また、じーっと見てしまう。
静かにしていられず、話かけたりしてしまう。(邪魔ばっかりですみません。)
A氏と話をすると、仕事を楽器を音楽を、そして人生を愛しているのだなぁ…
と感じる。

そんなことをぼーっと考えている横で、調律は進む。
プロの仕事は美しい。気負いもなく、動きに無駄がない。
淡々と穏やかに進んでいく。うっとり見てしまう。
こういう仕事は、見られていたらやりにくいのだろうか…と思うが、
そうではない。
まったくの平常心。これがプロというものなのだろう。
私も平常心でやれるようになりたいものだ…、
無駄なく美しい音を紡ぎ出せるようになりたいなぁ…などと
また、ぼーっと考える。

そしてまた、こういう美しい仕事を
妻も子供も見る機会がないのだろう、などとも思う。
見れば、改めて惹かれるのだろうな、と。ほんとうに勿体ない事だ。
だいたいの場合、妻は夫の、子供は親の、仕事をする姿を見ることはない。
私も、今はこの世にいない父の、外で真剣に仕事をする姿を
一度きちんと見ておけばよかったかな…と、ふと思う。

ともかく、仕事のできる男にはエプロンが良く似合う。と思う。
仮にその胸にエプロンが掛かっていなくとも、
一流の仕事をする男には、特別な佇まい、というものがあるのだろう…
と思うのだった。

ピアノと一緒に私も調律していただいたような、幸せな一時であった。
感謝。
[PR]
# by hitomi_tk | 2006-11-17 00:54 | 日々のこと | Comments(0)
c0097806_0171341.jpgそう、わたしは
ネコと一緒にくらしています。

はっきりと犬派、だった私が、
ネコと出会って10年たちました。

そしてしっかり家族になり、
時にはネコが主人で、
私が家政婦…?という
そんな暮らしです。

ネコという生きものは
想像できぬほどのものを持ち、
それを与えてくれます。
そんなことのあれこれを
そのうち、私はここで
書いてしまうのかもしれません。
[PR]
# by hitomi_tk | 2006-11-16 00:16 | ネコのこと | Comments(2)
c0097806_23382734.jpg1. Tenderness - prelude-
2. Love Life Forever
3. 真昼の星
4. 春の坂道
5. 写真
6. アイタ ペアペア ノ アトゥ
7. 大きな銀杏の樹の下で
8. 雨があがる
9. Parting Song
10. Veil
11. One Quiet Night
12. 黄金の羊

VRD-391801 ¥2100(税込)


ちょうど去年の11月12日でした。
たくさんのCDが入ったダンボールが私のもとへ届きました。
一年経った今、少しずつではありますが、
皆さまのところへもらわれて行っております。
聴いていただいて、本当にありがとうございます♪
[PR]
# by hitomi_tk | 2006-11-12 00:03 | CD・試聴 | Comments(8)

冬の入り口

c0097806_1235172.jpg

昨日(11/7)の空。
午前中の強い風が、雲も吹き飛ばしたのでしょうか。
きれいな空色でしたね。

昨日は3ヶ月ぶりに歯医者さんに行って、
ドライヤーを買って(接触不良気味だったけれど、一昨日ついに煙が出て
動かなくなった…)、たて続けに切れた電球2個を買って、
久々にCDshopに寄れば、グラッペリとペトルチアーニのDVDに出会い、
それとCDも入手して帰宅。
夕食は、野菜の煮物に鮭を焼いて、
ご飯(昨日は三分づきに赤米、もちきび、粟、アマランサスなど雑穀いり)
みそ汁(たしか大根葉、里芋、油揚げ)、おつけものなどで軽く。

それにしても、急に寒くなりました。ついに本日、暖房器具に頼りました。
みなさまも気をつけてくださいね。
[PR]
# by hitomi_tk | 2006-11-08 17:57 | 日々のこと | Comments(2)

11月5日の散歩道

c0097806_3244892.jpg









久々に散歩。

実は、10月に入ったころ尾骨を強打。
少し痛みの治まってきた先々週に左足を捻挫。
こんないい季節に、、と思いながらずっと我慢していたが、
そろそろ大丈夫そうな気がして、近所を歩く。

我が家のすぐ近く、公園を抜けると、こんな散歩道が続く。
まだまだ緑色の木々の中、桜の葉だけが一足先に色づいて、
土の上に、草の上に、道路に溝に散り落ちている。

桜はこれから、その体の中に春のための色を蓄える。
そう思うと何とも言えない気持ちになる。

散歩道の両脇には近所の人が花を植えているようで、
季節ごとに美しく、楽しめる。
背丈の低い花々のそばに、痩せたコスモスが2、3本
ちょっと淋しそうに揺れている。
その花に、シジミ蝶が留まったり離れたりひらひらしている。
うーん、秋の夕暮れです。
そしてその横には・・・、ん?向日葵・・・・・。
いくらキク科の植物とはいえ、ちょっと遅くないですか?

なんだかしっくりこない気分で見ていたが家に帰って、ふと思う。
花も人間もいろいろ。出遅れるタイプもあり、ですよね。

そう言えば、私もずいぶん歳をとってから
皆さまの前で音楽させていただくようになった。
若い方々のすぐとなりで。
もしかしたらライブを始めた日の私は、
あの向日葵のような存在だったのかもしれない。
温かく見てくださった皆さま、本当に感謝です。
[PR]
# by hitomi_tk | 2006-11-06 00:24 | 日々のこと | Comments(5)

りんごジャム完成!

c0097806_123954.jpg
今年も”りんごジャム”を作った。

毎年作るのは
りんごジャム、マーマレード、いちごジャム。
野生のブルーベリーなんかが手に入れば、
ときどき作る。
赤いジャムが多いため、専用の木べらは
うっすら赤色に染まっている。

さて、りんごジャムには紅玉を使うが、
短期間しか出回らないため、時期を逃すと一年待つことになる。
(昨年はレコーディングの追い込みで、まったく忘れていた…。)
そして、私が作るのは写真のとおり紅色のりんごジャム。
(市販されているのは、皮をむいて煮ているので淡い黄色をしている)
つまり・・・、
皮ごと煮る→無農薬の紅玉に限る→無農薬の紅玉を置いているお店は
限られる→またまた入手が困難・・・となる。

でも今年は無事入手!ルビー色のジャムが出来上がった。
結局私はこの色が見たくて作ってしまうのだ、と毎回思う。

まず最初に食べるときは、白いパン(トーストなどしてはいけない!)に
バターを塗って、ジャムをのせる♪
白いパンの上にのせた、紅いジャムは美しい。
こうして、秋の色と新鮮な香りを楽しむ。

写真の瓶は、大好きな友人がライブの時にプレゼントしてくれた
”桜のジャム”の入っていた瓶。
とても綺麗だったので大事にとっておいたのだ。
他にも大小さまざまな瓶に15個ほどできた。

さて、少しずつ大切な人にお届けしよう。
もしあなたのところに行ったら受けとってくださいね。
[PR]
# by hitomi_tk | 2006-11-03 01:26 | 食べること | Comments(2)