人気ブログランキング |

愛しい日々 奏でる日々 hitomitk.exblog.jp

静かな日常と音楽と…


by hitomi_tk
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:未分類( 4 )

2011年1月1日

c0097806_19104355.jpg

あけましておめでとうございます。

新しい年のスタート。
青空も見えて、光の降り注ぐ清々しい日となりました。


どんな人も、日々の中に幸せを感じられる・・
そんな一年になればいいなぁと思います。

今年もどうぞよろしくお願い申しあげます。
by hitomi_tk | 2011-01-01 19:01 | Comments(4)

ちょこきんとん

”ちょこきんとん”、これは恵那のお菓子です♪
恵那って栗の産地なのだそうですね。

学生時代の友人O氏の奥さまからのプレゼントなのですが、
これが美味しいのです!

c0097806_23141316.jpg
箱を開けると写真のように栗の形のチョコ。
あ、やっぱりチョコ!、と思って二つに割ると・・・







c0097806_23173977.jpg
あ、やっぱり栗?








食べると、やっぱりチョコ、あ〜、でも微妙〜♪
チョコだけど、甘みがとっても穏やかで、どこまでもまろやかな食感!
そして、ほんのり栗。うーん、混ざりものの無い美味しさ!
ちょっと覚えられない味。でもあと一つしかないんです・・。
記憶できない美味しさって、また食べたくなるんですよね。
もしかして、音楽も同じかもしれませんね。

O氏は、岐阜で奥さまと二人、薪窯焼きピザのお店をやっています。
毎日、薪をくべてピザを焼く。
なーんて素敵なのでしょう!

実は彼、以前はプロのデザイナーだったんです。
競争率30倍!みたいな難関の受験をかいくぐり合格し卒業し、
著名なデザイン事務所でしっかり働いていました。
どうしてピザを焼くことにしたのか・・ちゃんと尋ねたことはありませんが、
好きだったんですね、きっと・・。
たしかによく料理してました。
パスタなんかも、ささっと美味しいのを作って食べてました。

彼はとても楽しそうに活き活きとお仕事しているそうです。
そして、とっても似合っているそうです♪
(写真だけ見ましたが、確かに…)
そんな素敵なO氏の焼くピザを、私もそのうち
岐阜まで食べに行ってこようと思います!
by hitomi_tk | 2007-02-08 12:55 | Comments(4)

手紙を書くこと。

先日、嬉しい手紙をもらったと書いたが・・。

手紙というのは、自分がそれなりにOKでないと(それなりに納得してないと)
なかなか出せないものである。と思う。
それなりに、というのが中途半端な書き方だけれど、
つまり日常が正常に(精神的に)回っているというか、
心が在るべきところに在る状態というか・・。

しかし、漠然とであっても自分自身がいる位置が違うと感じると、難しい。
どこから何を書けばいいのか分からなくなる。
まさに空虚。文章は空回りする。
書き始めても結局最後まで行かず、手紙もメールも、
そのまま未送というのがいっぱいある。(ごめんなさい…)

こうして、ずいぶんご無沙汰してしまう相手がいる。
事務的なことはかえって楽であるから、さっさと書けたりするが、
かえって大事な人に、書きたい人に書けないでいることが多い。
頻繁にその人のことを思いながらも書けない・・。
考えてみれば、最悪である。。

それでも、何となく察してくれて許してくれる。
私は同じような質の相手が多いのかもしれない。
本当にたまの手紙。そこに書かれてる文字の真実。
ずっとあなたを思っていたのに書けなかった、というその気持ちが痛いほどわかる。

しかし、淡々と書き送ってくれる知人もいる。
おぉー、精神が健康的な人!素敵なことだ。
私がめげている時、返事を出せずとも、送り続けてくれる。
さりげない日常の一こまを書き送ってくれる。救われる。

そういう筆まめな知人と出会って、ほんとに学ぶことが多かった。
極度に筆無精な私は、それでも多少は書けるようになったほうだが、
それでもまだまだ。。

上のどちらのタイプも、とても大事な人。

嬉しい便り、気軽なたより、
どちらでもいいから、さらりとそういう便りを出せるようにしたい。
そういう心の状態で毎日を過ごせるようになりたいものだ。
by hitomi_tk | 2007-01-26 23:21 | Comments(0)
昨日は用事を必死で片付け、夕方京都へ出かけた。
『センチメンタル・シティー・ロマンス』のライブを観に♪

このバンドは結成33年!
作り上げる音の素晴らしさはもちろん、それぞれのお人柄の素晴らしさ。
これはライブで音を聴いていただかないと分かりませんので、
これ以上は書きませんが、音はどうしたって人を表してしまいますね。
生きてきた歴史が刻まれます。
同じ曲をやっても、どんどん凄みが出て、深みが出て・・、

メンバーそれぞれが現役で、日々いろんな所でいろんな人と音を出し
自分を磨いていらっしゃるわけだから、
その状態で集まれば、当然すごいことになるわけで・・。
5人の音が一つになって渦のようにこちらに向かってきます。
バンドって、いいなぁ・・。特に長く続いているバンドは別格なのだなぁと、
バンドをやってない私でも思うのです。
やってみたくなっています。

そしてメンバーの皆さまには、以前から本当にお世話になっています。
それは、言葉で書けないくらい。
昨日も夜中までご一緒して、いろんな力をいただきました。
間違いなく私の何かが変わるでしょう。
by hitomi_tk | 2007-01-26 23:19 | Comments(0)